勝五郎の読書雑記

「お幸せに!」

マウンテンバイクのチェーンが切れたのは3週間ほど前。高校受験が終わった息子と北港・舞洲へ行ったとき、息子の乗っていた自転車がギヤチェンジをした拍子に切れてしまった。やれやれと思ったが、気を取りなおして無チェーン自転車に跨った息子の手を引いて自転車を漕ぐと、男同士で手をつなぐ恥ずかしさを我慢すれば案外楽に進むことが分かり、そのまま2kmほど漕いで自宅へ戻ったものの、自転車はそのままにしてあった。

そのチェーンの壊れたコマを交換したほうがいいかチェーン自体買い換えたほうがいいのか、切れたチェーンを持って自転車屋さんに相談しに行こうと思ったが、自転車屋さんまで無チェーン自転車を押して行くのは嫌だったので、今日、妻を誘ってマウンテンバイクに乗ってもらい、その手を引っ張って自転車屋さんまでいこうと画策。

しかし、やはりいい大人が手を繋ぎながら自転車を漕ぐのは男同士でなくても恥ずかしく、妻は人とすれ違うごとに会話の中に「チャーンが切れている云々・・・」と言い訳じみた言葉を紛れ込ませて、すれ違う人に釈明するように手を引かれていた。途中、一輪車の練習をしているひとりの女の子にサラッと「お幸せに!」と声をかけられて夫婦ふたりで恥ずかくも嬉しい気持ちで笑いあった。

行きつけの一条アルチメイトファクトリー大阪まで行くつもりだったが、靭公園の近くに去年できた新しい自転車屋さんの方が近かったのでそこで相談し、結局新しいチェーンとチェーン切りTL-CN27を購入。

無事復活したマウンテンバイクで颯爽と大阪の街をポタリングしようとは夫婦ともに考えず、隣の靭公園のベンチで二人腰掛けて読書。すごく気持ちのいい、18回目の結婚記念日だった。
[PR]
by furomikan | 2011-04-24 21:47 | 自転車 | Comments(2)
Commented by miporin6 at 2011-04-27 21:43 x
すごく素敵な結婚記念日ですね!
ほわーっとした温かさが伝わってきました(*^^*)
Commented by furomikan at 2011-04-28 07:32
そうなんですよ。
この後、銭湯にも入ってさらに温ったまりました。