勝五郎の読書雑記

夏への扉

ロバート・A. ハインライン (著), 福島 正実 (翻訳)
★★★★☆
内容(「BOOK」データベースより)
ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。1970年12月3日、かくいうぼくも、夏への扉を探していた。最愛の恋人に裏切られ、生命から二番目に大切な発明までだましとられたぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ。そんな時、「冷凍睡眠保険」のネオンサインにひきよせられて…永遠の名作。


「永遠の名作」、「不朽の名作」と構えて読んだのがいけなかったのか、面白かったけど満足はできなかった。
冷凍睡眠とタイムマシンのハイブリッドのストーリーならもう少し面白くてもいいのに、と。
「文化女中器」という和訳にはちょっとセンスを感じたが・・・。

同じタイムマシンものとの比較では先日読んだ広瀬正の「マイナス・ゼロ」に私は軍配を上げる。カシラの一家が懐かしい。
d0188185_0112225.jpg
[PR]
by furomikan | 2010-12-24 07:37 | 読書雑記 | Comments(0)