勝五郎の読書雑記

目のつけどころ

山田 真哉 (著)
★☆☆☆☆

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』は読んで面白いと思ったが、この本は文字通り「書かされた」ためか、とてつもなくつまらなかった。こういう本を書いていると山田真哉さんの信用は落ちる。
d0188185_2139477.jpg
[PR]
# by furomikan | 2010-04-08 21:07 | 読書雑記 | Comments(0)

生き残る判断 生き残れない行動

アマンダ・リプリー (著), 岡真知子 (翻訳)
★★★★☆

巻末に書かれていたワールドトレードセンター南棟のモルガン・スタンレー社の警備主任のエピソードが秀逸。
社員たちに鬱陶しがられながらも、9.11の何年も前から避難訓練を強制させていた甲斐があり、結果的に2,700人程の社員の殆どの命を救ったという。
d0188185_21345859.jpg
[PR]
# by furomikan | 2010-04-07 23:18 | 読書雑記 | Comments(0)