勝五郎の読書雑記

<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

死の接吻

アイラ・レヴィン (著), 中田耕治 (翻訳)
★★★☆☆
大和高田駅からちょっと南に歩いたところにある「さざんかストリート」の古書店の前の道で売られていた1冊20円の古本。
この本と司馬遼太郎の「最後の将軍」の2冊の文庫本を購入して40円を支払おうと店内に入ったけど無人の時間帯のようで買えない。よく見ると表にある箱にお金を入れてくださいと書かれているので、その通りにしようと思ったけど、ちょうど40円がない。50円玉と100円玉しかない。5冊も買うと重いので仕方なしに50円を箱に入れた。

何の気なしに選んだ本であるがちょっと有名なミステリーのようだ。
三姉妹の末妹・真ん中・お姉さんの名前が順に3つの章の名前になっていて、可哀想に末妹の名前の章で末妹が殺される。次の真ん中のお姉さんの章になってからが徐々に面白くなっていく。
でも翻訳された文章はあんまり読んでいて気持ちが良くない。
d0188185_21382460.jpg

d0188185_21390807.jpg

[PR]
by furomikan | 2017-06-25 21:39 | 読書雑記 | Comments(0)

人間失格

太宰治 (著)
★★★★☆
内容(「BOOK」データベースより)
徹底した自己破壊、人間に対する絶望…。内面の真実を探究し現代人の孤独を浮き彫りにする、最後の自伝的作品。
・人間失格
・トカトントン
・ヴィヨンの妻
・渡り鳥
・桜桃
・グッド・バイ
の六編が入った短編集で、これが人生で初めて読んだ太宰治の本。
今まで読もうとして途中でやめたこともなく、全く初めて読んだ。

自分の内臓を掻き出して人に見せつけるように自分の心の内面を文字に表しているところが凄い。

近いうちにもう一度読み返そう。
d0188185_10042905.jpg

[PR]
by furomikan | 2017-06-01 23:59 | 読書雑記 | Comments(0)