勝五郎の読書雑記

<   2013年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

かしわ湯(山愚痴屋諦堂)

今、鑑賞している画集がベラボーに面白い。

「かしわ湯」は電柱に寄生して営業している架空の銭湯である。

脱衣は屋根の上の、角度補正した板の上の籐丸籠に入れ、靴は梯子の上端にある踊り場に置く。体を洗い流す湯は湯船から手桶で汲み出し、湯が減ったら屋根の上の桶から補給する。
もしも湯船の湯がぬるくなったら、電柱から即引き込める電力を利用するはずで、さらにこの電気は小屋根の下にある電球を灯すし、金色の枠を持つ街灯行燈も照らすはずだ。

体を流し終えた湯水と湯船の湯は洗い場隅の排水溝から茶色の塩ビパイプを通って電柱の付け根あたりに排除される。
湯のなくなった浴槽は湯船下部に据え置かれた青いビニールバケツの中に収納された掃除用具でその汚れを落とされるのだろう。

街灯行燈の少し上部に位置する看板は"気のもちよう"を旨とする枕販売店「尾崎枕」の広告である。この看板の上にも小粋な屋根が施されており、その屋根を支える柱は電柱を貫く。もしも尾崎枕で枕を買いたいのなら来た道を引き返せ。

この銭湯の主たる屋根は四つの柱で支えられており、そのうちの三本は原木の姿をそのまま残した材を利用し、残る一本は電柱そのものがその役割を果たしている。
番台がどこにあるかは不明だが、今は確かに営業しており、それは湯船下方にぶる下がっている「わ板」(=湯が沸いた)で確認できる。でも反対側が「ぬ板」(=湯を抜いた)のはずなので、向こうから見た人は営業していないと思うかもしれない。

金色の雲が浮かぶ初夏の町の中空銭湯で、気持ち良さそうに手拭いで背中を洗っている禿た男が私であると空想しているととても楽しい。

『丁字配行形柱』(ていじ くばり ぎょうなりばしら)[一部分]/ 山口晃 2010
d0188185_20154087.jpg
[PR]
by furomikan | 2013-05-31 21:03 | 銭湯 | Comments(0)

ロックで独立する方法

忌野清志郎 (著)
★★★☆☆
内容紹介
「自分の両腕だけで食べていこうって人が、そう簡単に反省しちゃいけない」ーー忌野清志郎の決定版・人生論!

第一章 わかってくれない世間が悪い
第二章 歌われていないことは山ほどある
第三章 バンドマンの夢と現実
第四章 「業界」からの独立 前編
第五章 「業界」からの独立 後編
第六章 独立は「自由」か「面倒」か?
第七章 「バンド」からの独立
第八章 決めたのはオレ自身
イントロダクション・山崎浩一 / 写真・佐内正史

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
1951年生まれ。バンドマン。1970年RCサクセションとしてデビュー、10年連続武道館公演などの実績を残す。1991年バンド活動休止後もソロ活動の他、俳優や絵本の執筆、サイクリストなど活動は多岐に渡る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この本もちょっと前に読んだばかりなのに、もう内容の殆どを忘れてしまった。でも、清志郎の態度・発言がいつも紳士的であると感じたことは覚えている。
あと、巻頭の清志郎の写真がかっこいい。特に本を持っている姿がいい。
d0188185_74393.jpg
[PR]
by furomikan | 2013-05-29 23:59 | 読書雑記 | Comments(0)

銭湯の女神

星野 博美 (著)
★★★☆☆
内容紹介
三十を過ぎてから銭湯通いなんて、十年前には考えてもいなかった
いとしい香港から戻ってみれば、異和感のなかに生きる私がいた。銭湯とファミレスから透視した、「東京」をめぐる39の名エッセイ

銭湯に関連するエッセイがもっとたくさんあると思っていたので、それ以外の話題が多くて少し残念だった。
「銭湯へ行く人は真面目である」という、著者のお母さんの言葉が印象に残っている。
d0188185_014742.jpg
[PR]
by furomikan | 2013-05-29 23:58 | 読書雑記 | Comments(0)

スティーブ・ジョブズ失敗を勝利に変える底力

竹内 一正 (著)
★★★☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
常に世界を驚かせ続ける男、スティーブ・ジョブズ。その華麗な経歴の裏には、成功と同じくらい派手で徹底的な失敗があった!アップルをクビになるという屈辱、傲慢さゆえに次々と離れてゆく仲間たち、大きな交渉をふいにする失言…。では彼は、いかにしてそれらの挫折を乗り越え、成功へ転換していったのか?本書では、ピンチの時ほど力を発揮するジョブズの成功法則を紹介する。

度を越した個性を持っていた自信家だったことが分かった。
もっと人をうまく使えばいいのにと感じる部分が多かったけど、そうなら逆の魅力も減じてしまっていたんだろうなとも思う。
d0188185_23451474.jpg
[PR]
by furomikan | 2013-05-29 23:57 | 読書雑記 | Comments(0)

談志が死んだ

立川 談四楼 (著)
★★★★☆
内容紹介
42年前のあの日、談志は本気で嫉妬した。三島由紀夫の派手な死に様に……。一門の落語協会脱退騒動の張本人にして、「小説はおまえに任せた」と談志に言わしめた著者が、苦しみも喜びも半端じゃなかった、入門以来42年分の感慨を込めて、あの全身落語家と弟子たちの裏も表も、虚実皮膜の間に描き尽す長篇小説。「オレが死んだら悪口だけで三時間はもつはずだ。笑って送ってみせろ」――はい、師匠!

上の内容紹介を読むと「長編小説」と書かれているけど、エッセーと思っていた。
談志のいわれなき怒りを買って憔悴しきっている著者談四楼の姿が痛々しかった。この部分、実に面白かった。
d0188185_2336122.jpg
[PR]
by furomikan | 2013-05-29 23:56 | 読書雑記 | Comments(0)

緑のさる

山下 澄人 (著)
★★☆☆☆
内容紹介
『群像』『文學界』で鮮烈なデビューを果たした著者による初の単行本。彼女と友達に裏切られたフリーターの「わたし」は、海に行き不思議な出来事に遭遇する。小説の可能性を追求した意欲作。平成24年度・第34回野間文芸新人賞受賞作。

賞を取ったり、高評価の書評も見かけるが、先に読んだ「ギッちょん」同様、全く面白くなかった。
暴力・ブルーシート・意味不明。
d0188185_071491.jpg
[PR]
by furomikan | 2013-05-29 23:55 | 読書雑記 | Comments(0)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

村上 春樹 (著)
★★★★☆
内容紹介
良いニュースと悪いニュースがある。
多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは……。

読みやすく、登場人物がみんな上品で、そこそこ面白いというのが村上春樹の小説だ。
思わず膝を打つような秀逸な喩えが今回はなかったのが少し残念であった。
d0188185_82029.jpg
[PR]
by furomikan | 2013-05-29 23:54 | 読書雑記 | Comments(0)

この世は落語

中野 翠 (著)
★★★★☆
内容紹介
落語は文化である。江戸庶民の日常生活が生き生きと笑いと共に語られ、その中には暮らしの知恵が詰まっている。その奥深い魅力と聞きどころをイラスト入りで紹介。

ついこの前読み終えたばかりなのにもうどんな内容だったかほとんど忘れてしまっている。
でも与太郎についての志ん朝さんの「人間がバカだけに、ものの感じ方が激しいですな・・・」という見立てがいいという意見や、落語の「サゲ(=落ち)」は重視しないという意見など、私とぴたりと合う部分が多く、随所でうなずけた。
d0188185_7534893.jpg
[PR]
by furomikan | 2013-05-29 23:53 | 読書雑記 | Comments(0)

待ってました! ~花形落語家、たっぷり語る~

吉川 潮 (著)
★★★★☆
内容説明
当代屈指の一流ぞろい。技芸と人間の磨き方、ひとを惹きつける力。十人が明かした、そのすべて。

目次
第1回 春風亭小朝―伝えたいことは落語で
第2回 春風亭昇太―存在自体がネタであり、落語そのものじゃないか
第3回 立川談春―あの時、自信プラス、コツが掴めたんです
第4回 笑福亭鶴瓶―一番大事なのは、時代と一緒に生きること
第5回 三遊亭円丈―いくつになっても、変ったものを作りたい
第6回 立川志の輔―落語はこうだ、みたいな考え方ではなく
第7回 桂あやめ―いつの時代も、落語は女に門を閉ざしていない
第8回 三遊亭歌之介―私小説のような新作落語を
第9回 立川志らく―メロディを持つ者が売れる
第10回 桂三枝―人生を賭けて、古典落語三百年の挑戦している

出版社内容情報
話芸は一日にしてならず、チケット入手困難な噺家は、ここが違う。小朝、志の輔、談春、志らく、鶴瓶、昇太、三枝ら花形十人のとっておきの話。

この本は面白かった!
まず人選がいい。立川流と上方落語から3人ずつ選びたいと考えて、あとの4人もすんなり決まったという。
この本を読んでからまた直に落語を聞きたくなって、早速、新神戸まで小朝の落語を聞きに行った。(小朝は「船徳」と「抜け雀」と「たがや」の3席で、うまく面白かったが、爆発的な良さはその日の落語からは感じられなかった。)

鶴瓶が談志と会って話してたことを「歴史上の人物としゃべってまんねんで」と語っていたのが印象的で、今となっては確かにその通りである。
d0188185_7585670.jpg
[PR]
by furomikan | 2013-05-29 23:51 | 読書雑記 | Comments(0)

植物はヒトを操る

いとう せいこう (著), 竹下 大学 (著)
★★★☆☆
内容説明
ベランダで自己流園芸に勤しむクリエーターのいとうせいこう氏と、世界的な花の育種家(ブリーダー)の竹下大学氏が、不可思議な植物の世界をめぐって深淵で刺激的なサイエンス・トークを繰り広げる。
本書のタイトルは、人類は植物を利用して文明を発展させてきたが、実は植物の方が種の繁栄のために人間を利用しているのではないかという発想によるもの。
動物との共進化に代表される植物の生存戦略、日本人の死生観と植物の関係性、生殖から考えるオスの存在意義など多方面から植物にまつわるエピソードと可能性を語る壮大な対談集。植物と人間の新しい関係が見えてくる、花とサイエンスの超入門書。

植物が美しく色鮮やかな花で昆虫を誘き寄せて自己の繁殖に役立たせようとしていたところ、とあるネアンデルタール人が仲間の墓に花を摘んで添えたことによって、初めて花が植物自身の狙いとは別の使われ方をしたのだという。
この説が嘘だという説もあるようだが、いずれにしてもその後の人間の誰かが花を美しいと思って摘んだのは確かだ。
この使われ方は植物の本意ではないと考えることもできるが、この花の美しさに魅了された人間が今いろんな花をセッセと育て繁殖させていることを考えると、それはやはり植物が意図した通りの結果で、つまり植物は人を操っているのだという考えが紹介されている本であった。
d0188185_7502445.jpg
[PR]
by furomikan | 2013-05-29 00:18 | 読書雑記 | Comments(0)