勝五郎の読書雑記

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

月の湯(東京都文京区目白台)

3週間前の物凄く天気のいい日曜日に渋谷駅から歩いて明治神宮に向かった。
代々木公園の南にある競技場あたりからの気持ちのいい緑の中、iPodをシャッフルさせながら歩く。先日、大阪の自宅でiPodを家のパソコンのiTunesに同期させた時、落語をシャッフルから外す設定をし忘れて、何度も出囃子が鳴り出すのでかなん。
飛ばさずに聞いていた談志の提灯屋が終わった頃に明治神宮の本殿前に差し掛かったら、結婚式の新郎新婦があんまり嬉しそうでは無い顔付きで通り過ぎて行った。
d0188185_10504429.jpg

新宿を通り過ぎ、新大久保のコリアンタウンでプルコギ定食を食べて満腹になり、さらに北上する。
途中、徐々にお腹が痛くなってきた。平静な顔つきを保ってトイレを探すが、無い。それらしい雑居オフィスビルを見つけたけど、全体がマンションオフィスなので使えるトイレが無かった。
なおも平静を装って、しかし少しあぶら汗を浮かばせながら歩き、遂に早大理工学部前に2階建てのユニクロを見つけた。買い物客を装い青と赤の人型マークを探す。1階には無い。螺旋階段で2階へ上がるが、何と2階にも無い。一旦あると思ったから、私とは別の、肛門を司る人格も完璧にそのつもりになっているので、俺とその人格の人はかなりの苦境に立った。
少し前かがみの姿勢でユニクロを出て辺りを見回すと今出たばかりのユニクロの建物に、客でなくても使ってもイイよというスタイルのトイレが設えられていた。しかもすごく清潔でウォシュレット付き。柳井さんありがとう!

早稲田での脂汗の一件が片づき、気を取り直して本日の最終目的地である目白台の銭湯へ歩を進める。
写真は都電近くを流れる神田川沿いの桜並木で、春の満開の桜が目に浮かぶよう。
d0188185_10523471.jpg

そして、月の湯に到着。
去年の大地震で屋根などにダメージを受けたが、対応できる職人さんがまだまだ東北地方に掛かりっきりで、こちらまでとても手が回らないという。
営業時間前でまだ暖簾が出ていない。
d0188185_10544121.jpg

男湯入口のスッキリしたデザインの硝子細工。
d0188185_1058236.jpg

入口は引戸ではなく、銭湯では至極珍しい扉。
で、コレもんの手摺り。
d0188185_10593175.jpg

営業時間前のところ、ご主人さんに無理を言って先に入らせてもらい、たくさんの写真を撮った。
まずは女湯から見た番台。
この銭湯は昭和8年(1933年)創業と文京区浴場組合の小冊子に紹介されているけど、昭和3年(1928年)だという説もあるとおかみさんが仰っていた。何れにしても都内に現存する最古の木造銭湯らしい。
d0188185_1134325.jpg

女湯湯の脱衣場。ロッカーに鍵はなく、上の写真に写っている丸籠に脱いだ衣服を入れる。鍵なしは番台だから出来る技。
d0188185_1151618.jpg

浴室への入口もまた洋式の扉。
PULLのPの字の中に「引」の漢字。
d0188185_1154178.jpg

女湯のペンキ絵は徳島県の大歩危。
描いた人は2009年に亡くなった早川利光絵師。
d0188185_1164520.jpg

ペンキ絵の下にはタイル絵の鯉。「お客様、コイ!」
d0188185_1185685.jpg

一方の男湯は富士山。
d0188185_111018100.jpg

見よ、このとんがり様を。
狂い咲きサンダーロードの山田辰夫でさえこんなにトンガってない。
d0188185_111140100.jpg

この銭湯で私が個人的に気に入ったとこのひとつは浴室のこの部分の造り。ありそうで、滅多にない。
d0188185_111139100.jpg

改めて脱衣場で天井を見ると見事な折り上げ格天井が光っており、その下にはオールド広告。
広告社、耳鼻咽喉科、海苔・茶屋、メガネ・時計店、和菓子屋。
d0188185_11141126.jpg


この銭湯の私のもう一つのお気に入りは暖簾。
ここの暖簾は「月の湯」の屋号に合わせて、月の満ち欠けをデザイン化したもので、最近銭湯ファンだけでなく各所で人気があるらしい。作者は大阪の人で、私の友人!

ご主人によると、暖簾の右上に「東京・目白台」の文字があるが東京人からするとこれは全く意外で、東京人の感覚だと「文京区・目白台」となるらしい。・・・そういうものか。

古い建物やペンキ絵、独特な浴室の造りや天井に暖簾。
いいところがたくさんあるこの銭湯の一番いいとこはご主人とおかみさんの優しいおもてなしの心だろう。営業時間前に突然やって来た変なハゲオヤジを胡散臭がりもせずに色々と親切に迎えてくれたことにホンマ感謝です。
d0188185_11152216.jpg

すっかり暗くなるまでこの居心地のいいお風呂屋さんに居着いてしまった。
外に出ると、暖簾のお月さんがきらきらと輝いていた。
d0188185_11165277.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-11-25 23:50 | 銭湯 | Comments(4)

七辻 ~ 池上本門寺 ~ 都湯(東京都大田区下丸子)

七辻(ななつじ)は大田区にある美しい七差路。
「七辻」をwikipediaで調べてみると、
日本国内では、東京都大田区の七辻が有名。この交差点は、大田区の南蒲田2丁目、萩中1丁目、東六郷1丁目、南六郷1丁目の境界に当たる。住宅街の生活道路であり、信号機はなく、「日本一ゆずり合いモデル交差点」の看板が立つ。

知らずに初めて通った時はすごい発見に驚き、喜んだ。
d0188185_16172349.jpg
d0188185_1619794.jpg

見学後、大学時代の友人と下丸子駅で落ち合い「銭湯サイクラーズ」の第一回目を実行した。
どこかの駅で待ち合わせし、適当に自転車で周辺を観光してから一緒に銭湯に入るという企画で、二度目からは集合場所・日時をブログにアップして、興味を持った人がいたら自由に参加するというものだ。我々の面白さは当日ひょっとすると本当に誰か来てくれるかもしれないというワクワク感のみ。

待ち合わせ後、その下丸子駅のそばにある定食屋さんの佇まいに二人惹きこまれた。
d0188185_16333161.jpg
入ろうと思ったけど入らなかった。

その後、日蓮上人入滅の地と言われる池上本門寺へ見学に行く。
力道山のお墓や立派な五重塔があり、日蓮上人の大きな像からは不思議な力がほとばしり出るというパワースポットでもあるらしい。
d0188185_16374234.jpg
d0188185_16371356.jpg

この日の銭湯は薪沸かしのお風呂屋さん、都湯。
中島絵師の美しい富士山のペンキ絵が楽しめた。
d0188185_16404236.jpg
d0188185_16405982.jpg
から揚げ専門店のから揚げを立ち食いしてから中華を食べに行き、第一回目の「銭湯サイクラーズ」を終えた。
[PR]
by furomikan | 2012-11-18 23:59 | 自転車 | Comments(0)

日の出湯(東京都品川区東大井)

11月17日の土曜日は雨降り。
夕べ洗濯し、干しておいた洗濯ものを朝のうちに取り入れ、必要なものにはアイロンをかける。
午後、雨が本格的に降る中、雨傘をさして品川〜新馬場〜立会川の旧東海道あたりをうろつく。
d0188185_2052351.jpg

少し冷えた体を薪沸かしの銭湯で温める。
d0188185_2162514.jpg

浴室の高い天井近くの窓から京急のガタンゴトンが見え聞こえる。
ここは富士山のペンキ絵ではなく大型帆船EAGLE号の大きなタイル絵でとても立派だった。

この銭湯では2枚の貼り紙を写真に撮った。
1枚目はこれ。
d0188185_213312.jpg

本当にプロの盗人が来たらイヤだと思って、素直に貴重品を番台に預けた。

2枚目。
d0188185_21361426.jpg

「仝」なんて字を使っているのを見たのは初めてかも知れない。
きっと戦前に教育を受けた人だろう。

少し前に読んだ久住昌之の「昼のセント酒」にこの日の出湯が出ていて、この近くの「鳥勝」というホルモン串焼き屋さんが良いと紹介されていたので、今度行ってみよう。

立会川駅の東口には土佐藩の下屋敷があった所縁で坂本龍馬の銅像がある。20年以上前に司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んだ後ならもっと感激したかもしれない。
d0188185_8345151.jpg

※参考地図
d0188185_6473995.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-11-17 23:59 | 銭湯 | Comments(0)

新橋湯(大阪市福島区吉野)

美しいタイルに1つのカラン。
d0188185_2253234.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-11-12 22:10 | 銭湯 | Comments(2)

梅の湯(神奈川県川崎市川崎区渡田向町)

営業しているかどうか事前確認しようと先に電話を掛けたが誰も出ない。閉まっていても近くに何軒も銭湯がありそうだったので、川崎新町駅からトボトボと歩いて向かったのがこの古い感じのお風呂屋さん梅の湯。
開いててよかった。
d0188185_1758484.jpg

下駄箱のところで湯上りのおっちゃんにすれ違ってから中へ入った。
d0188185_18113534.jpg

お風呂代450円を支払って脱衣場と浴室を見渡すとお客さんは他にいなかったので、番台のおばあちゃんに写真撮影の許可をもらって何枚も写真を撮る。

今も実際に入れる昭和の銭湯博物館。
d0188185_181366.jpgd0188185_18342715.jpg

いろんな所が古いまま残っている。痛んだ箇所はガムテープを貼って補強するだけという修繕方法が中心で、今後も末長く営業していこうという意思があまり感じられない。素晴らしい白地の格天井も写真では見えていないところで雑な補強がなされていた。

浴室に入って正面にあるのはかなり朽ちたペンキ絵。
d0188185_2052978.jpg
近づいて見ると乾燥し切ったペンキがそこらじゅうでめくれ上がり、ポテトチップスのようになっている。それも剥がれ落ちて、下の写真の中央部およびその右側のようにブリキ地が丸見えになっている部分も多い。
このポテチ部分を指で触ってみたら思っていたよりもずいぶん硬い。これなら桶で掬った湯をザッとかけても簡単には剥がれそうにないなと思いながら少しずつ力を強めていったら、ちょっと薄い部分がペシッと割れてしまった。おばあちゃん、ゴメン!
d0188185_7593747.jpg
この絵には署名がなかったけど、誰の作品だろう?中島さんのようだと思うのだか、分かる人いたら教えてください。

改めてこの絵をじっくり見ると富士山がない。さらに周りをよく見ると湯舟のところの蛇口の土台が富士の形をしている。
d0188185_514048.jpg
「なるほど、そういうことなのか!」とはもちろん思わない。
冷静に女湯の方のペンキ絵を見るとやはりそこに朽ちかけてはいたが小さめの富士山が描かれていた。
でも男湯にもタイル絵の富士山があった。
d0188185_723640.jpg
d0188185_8232622.jpg
四則演算を活用してタイルの数を数えたらざっと32,400枚。こちらはあまり経年劣化が見られず美しい。仕切りの向こうの女湯はどんな絵柄やろう?

湯上り後、番台のおばあちゃんに尋ねてみようと思ったが、少し若い(年齢的におばあちゃんの旦那さんではなさそうな)おっちゃんに替わっていた。
そのおっちゃんに聞いてみると、「女湯は富士山。今、お客さんいないから見てみる?」と女湯へいざなってくれた。番台脇の扉をくぐって女湯の脱衣場に入って仕切りの壁のタイル絵を見ると湖に白鳥。「富士山やなくて白鳥ですよね?」と聞いても「富士山!」と言い張るおっちゃん。
タイル絵をよく見ようもっと中に入っていくと浴室の端の方で一人髪を洗っている!
慌てておっちゃんの方に顔を向けると「お客さんじゃなくて、番台のおばさんだから大丈夫!」というではないか。おばあちゃん本人からすると大丈夫やないやろ・・・。しかしおばあちゃんの首より上の部分しか見えなくて良かった。
(女湯のタイル絵はやはり湖に白鳥だった。要するにおっちゃんは私がペンキ絵の絵柄に関心があると勘違いしていただけ。)

繰り返しになるが、ここは現役で営業を続ける銭湯博物館。
入場料は450円で、当たり前だが実際に入浴もできる。
素朴な下駄箱・傘箱を鑑賞し、古い番台に座る銭湯守りのおばあちゃんやおっちゃんと会話し、気持ちのいい気泡風呂で脚を伸ばして大きなため息をつきながら富士のタイル絵を眺め、隣の少しぬる目の弱電の電気風呂で痺れながら20年前に描かれた老朽ペンキ絵にまたため息をつき、それから全身をキレイさっぱりに洗い流すことができる素晴らしいアトラクション施設。
みなさんもどうぞ早目に訪れてください。

川崎駅へ向かう途中に見かけたこのお風呂屋さんにも非常に惹きつけるものがあった。
d0188185_5155889.jpg
川崎区貝塚の吉の湯。
番台の背後から朽ちていない立派な富士のペンキ絵が覗いていた。
またこっちも行ってみよう。
[PR]
by furomikan | 2012-11-04 10:10 | 銭湯 | Comments(0)