勝五郎の読書雑記

<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本語教室

井上 ひさし (著)
★★★☆☆

<内容(「BOOK」データベースより)>
井上ひさしが生涯考え続けた、日本と日本語のこと。母語と脳の関係、カタカナ語の弊害、東北弁標準語説、やまとことばの強み、駄洒落の快感…溢れる知識が、縦横無尽に語られる。「日本語とは精神そのもの。一人一人の日本語を磨くことでしか、未来は開かれない」―母校・上智大学で行われた伝説の連続講義を完全再現。日本語を生きるこれからの私たちへ、“やさしく、ふかく、おもしろい”最後の言葉。

印象に残ったのは「スペイン語が国連公用語になった理由」のところに書かれていた第二次世界大戦時のスペインの働きについて。スペインが中立国であったことさえ知らなかったが、そのスペインは敵味方を問わず世界の捕虜収容所や強制収容所で非人道的なことが行われていないか見回り、困っている状況があればそれを手助けすることなどが仕事だったという。

例えばカリフォルニアで強制収容されていた日系人たちが「どうしても納豆を食べたい、作りたい」と思ったら、強制収容所の所長に「スペイン総領事館に連絡を取りたい」とまず伝える。収容所所長は日系人の連絡を取りたいという意思を踏みにじることはできないため、スペイン領事館に連絡をする。それで来たスペイン大使館員に「日本から納豆菌を取り寄せてほしい」と伝えるとスペインという国は必死になって何らかの経路でそれを入手し、収容所に納豆菌を届けたという。

「私は戦争には加わらない。しかしあなた方がどうしても戦争をするというなら、少しでも穏やかに戦争をして欲しいと願う。戦争の中で様々な不幸・不都合が生まれるでしょうから、私たちがそれを引き受けましょう」という立場をスペインは取った。

平易な文章を書くことを常に心がけておられる氏の文章でこどもニュースのようにわかり易く表現してくれるので頭にスーっとくる。(すぐに忘れてしまうけど)日本語についての本でこういうエピソードが出てくるとは思わなかった。
d0188185_19551259.jpg
[PR]
by furomikan | 2011-04-29 19:55 | 読書雑記 | Comments(0)

屠場

本橋 成一 (著)
★★★★☆

<内容紹介>
筑豊やチェルノブイリの記録を発信してきた本橋成一が、故なき職業差別と身分差別に抗いながら、大阪・松原の屠場でいのちと向き合う人びとを追った、渾身のドキュメント。

1980年代半ばに撮影された全編モノクロの写真集。
一度目は最初からざっと目を通し、二度目はじっくりと写真を見た。殺される直前の牛が目をひん剥いている写真。鉄棒が飛び出る特殊なピストルで眉間を撃たれた直後の牛が巨体を崩落させている瞬間の写真。剥がされたあとの皮の写真。ナイフとヤスリ。タイルの割れ方が何故か残酷な感じの模様になっている壁。
所々で何の場面かわからない写真があったが、最後までよく見ると大体の写真に短文解説がついていたので、三度目はそれと照らし合わせながら二度目よりもさらにじっくりと鑑賞した。
ため息が出るほどみんな真剣に働いている。

写真集は時々見るがこれほど何度も見返した写真集はない。見るのは人の顔だ。
d0188185_22462191.jpg
[PR]
by furomikan | 2011-04-25 22:46 | 読書雑記 | Comments(0)

「お幸せに!」

マウンテンバイクのチェーンが切れたのは3週間ほど前。高校受験が終わった息子と北港・舞洲へ行ったとき、息子の乗っていた自転車がギヤチェンジをした拍子に切れてしまった。やれやれと思ったが、気を取りなおして無チェーン自転車に跨った息子の手を引いて自転車を漕ぐと、男同士で手をつなぐ恥ずかしさを我慢すれば案外楽に進むことが分かり、そのまま2kmほど漕いで自宅へ戻ったものの、自転車はそのままにしてあった。

そのチェーンの壊れたコマを交換したほうがいいかチェーン自体買い換えたほうがいいのか、切れたチェーンを持って自転車屋さんに相談しに行こうと思ったが、自転車屋さんまで無チェーン自転車を押して行くのは嫌だったので、今日、妻を誘ってマウンテンバイクに乗ってもらい、その手を引っ張って自転車屋さんまでいこうと画策。

しかし、やはりいい大人が手を繋ぎながら自転車を漕ぐのは男同士でなくても恥ずかしく、妻は人とすれ違うごとに会話の中に「チャーンが切れている云々・・・」と言い訳じみた言葉を紛れ込ませて、すれ違う人に釈明するように手を引かれていた。途中、一輪車の練習をしているひとりの女の子にサラッと「お幸せに!」と声をかけられて夫婦ふたりで恥ずかくも嬉しい気持ちで笑いあった。

行きつけの一条アルチメイトファクトリー大阪まで行くつもりだったが、靭公園の近くに去年できた新しい自転車屋さんの方が近かったのでそこで相談し、結局新しいチェーンとチェーン切りTL-CN27を購入。

無事復活したマウンテンバイクで颯爽と大阪の街をポタリングしようとは夫婦ともに考えず、隣の靭公園のベンチで二人腰掛けて読書。すごく気持ちのいい、18回目の結婚記念日だった。
[PR]
by furomikan | 2011-04-24 21:47 | 自転車 | Comments(2)

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

伊藤 氏貴 (著)
★★★☆☆

中勘助という明治生まれの小説家・詩人の自伝的小説『銀の匙』一冊のみを教科書にして灘中学の3年間を教えきるというベラボーな教師・橋本武(現在98歳)とその生徒たちを取材して書かれた本。

「究極のスローリーディング」と書評などに書かれており、そんなんどないして教えんねんと思っていたが、なるほどそういう教え方をするならたしかに授業は成立するな、と読んでいるうちに納得。要するに読み進めていく中でどんどん横道にそれていく手法で無限に授業に幅を持たせ、生徒自身にも自力で横道にそれて自分で考えを深めていける力をつけさせていく。相当な独創性と周到な準備がないとできないだろう。

例えば「丑紅」という言葉が出たらまずその言葉を調べさせ、さらに「丑」という一字から十二支、さらに十干十二支を教え、「甲子園」や「還暦」にまで話は及んでいく。また古い駄菓子が文章に出てくる授業では、事前に全国の菓子問屋から買い集めたそのお菓子を袋詰めにして生徒たちに配り、お菓子を食べさせながら授業を進める。

この先生に教えられた力の凄みは実社会に出て30歳くらいになって気づくことが多いとういう。
教育って、教育の持つ力って凄いな。

灘中・灘高が菊正宗・白鶴・櫻正宗の3つの酒造業者によって作られた学校だとは知らなかった。

d0188185_21030100.jpg
[PR]
by furomikan | 2011-04-24 20:24 | 読書雑記 | Comments(0)

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

デビッド・カークパトリック (著), 滑川海彦 (翻訳), 高橋信夫 (翻訳), 小林弘人 (解説)
★★★★☆

今月初めて読んだ本。読むのに3週間もかかってしまったが、めっちゃ面白かった。

去年夏 『グーグル秘録 完全なる破壊』という本を読んで、グーグルの圧倒的な存在に恐れオノノいていたが、その本のなかでチラチラっと出てきてすごく気になっていたのがこのフェイスブックという会社。

訳者あとがきには「フェイスブックは簡単にいえば、ミクシィのような友だちとの交流機能とツイッターのようなリアルタイム掲示板機能に加えて、ゲームをはじめとするさまざまなアプリケーションを作動させる機能を兼ね備えた非常に強力なソーシャルネットワークである」とある。
この中でも最後の「ゲームをはじめとするさまざまなアプリケーションを作動させる機能(プラットフォーム)」が凄いんだと思う。フェイスブックが用意した土台にいろんなアプリケーションを置いてもいいよと言われたフェイスブック以外の会社がよってたかって面白いアプリケーションを次々にアップしてより魅力的なウェブサイトになっていくのだろう。

驚くべきことに「シリコンバレーでは、今後5年以内にフェイスブックの売上がグーグルを抜くだろうという観測も出ている」(訳者あとがき)とある。会社の時価総額は相対取引での評価で350億ドル(3兆円)~500億ドル(4兆2000億円)と言われ、創立者でCEOのマーク・ザッカーバーグの個人資産も6000億円をくだらないとも書かれている。
でもザッカーバーグはまだ会社が小さくお金も十分ではないときにコカ・コーラ社から「1日だけフェイスブックの主要な色を青からスプライトカラーの緑に変えてくれたら100万ドル払う」と持ちかけられた時にも全く取り合わなかったというくらいお金を目的にしておらず、ユーザー体験を重視しているという。

ザッカーバーグの友だちや会社の同僚に言わせると、ザッカーバーグにモノを言ってもあまり(まったく)反応せず、どう感じているのか全くわからないという。要するにヘンコである。それくらい変わっていないとこんなことは成し遂げられないんだろう。
恐るべき26歳。
d0188185_046624.jpg
[PR]
by furomikan | 2011-04-23 00:46 | 読書雑記 | Comments(0)