勝五郎の読書雑記

カテゴリ:音楽( 9 )

藤井裕 ~ この熱い魂を伝えたいんや(上田正樹とSOUTH TO SOUTH/1975年)

生まれて初めて買ってもらったレコードはささきいさおが歌った「宇宙戦艦ヤマト」のシングル盤だった。
確か小学校4年生頃で、それは家で初めてレコードプレイヤーを買った日だった。
レコードプレイヤーといってもソノシートのレコードを聴くのがちょうどお似合いのような安っぽいもので、でも自宅に初めて導入されたそのレコードプレイヤーは家族全員の胸をときめかせた。
3つ上の兄は確か山口百恵の「冬の色」、一緒に住んでいた叔母はカーペンターズの「ジャンバラヤ」のレコードをそれぞれ買っていた。(その後、ジャケット写真のカーペンターズ兄妹の目ン玉の部分はボールペンの先っちょでくりぬかれていたはずだ。)

小学校6年になって初めて買ったLPレコードはジョンデンバーの二枚組「ジョンデンバー ゴールドデラックス」だった。
ジョンデンバーとロッキー山脈のことを紹介したようなテレビ番組をNHKで見て、優しそうな目で自然を愛する歌を歌うメガネのジョンデンバーに惹かれて、テレビを見た数日後に買ったはずだ。
二枚組のそのレコードを聴いて、英語の歌詞カードを必死で解読しながら、「中学生になったら、こんな英語なんかも読めるようになるんや」と思いながら、カントリーロードを口ずさんでいた。
兄はその頃、ビートルズを中心に、今となってはクラッシックといえるような様々なロックを愛聴しており、その兄の部屋からこぼれてくるロックを私もずいぶん聴いて、少年期を過ごした。

私が中学になった頃にはRCサクセションの忌野清志郎の声もこぼれてくるようになり、私自身もRCが大好きになっていった。
「ラプソディー」と「PLEASE」を出して、「シングル・マン」も再発された直後の頃で、ジョンレノンが撃たれたのも確かこの頃である。
中学に登校する前に「ファンからの贈り物」をレコードで聴いた日のことをよく覚えている。

その同じような頃、NHK-FMでRCサクセションのライブがオンエアされるというので、ラジカセにカセットテープを入れて録音していたら、RCの前にアコースティックのライブをしているのも同時に録音されていた。(そのライブの司会をしていたのは糸井重里だった。)
変な声をした人が、「パチンコ!」とか「ボカ~」とか歌っているのを聴いているとだんだん楽しくなり、さらに何度も聴いているうちに、すごくカッコイイんだということが判明してきた。それが「夢・憂歌」をリリースする前頃の憂歌団である。

時は経ち、RCが「BLUE」や「BEAT POPS」を、憂歌団が「リラックス・デラックス」を出した頃に、初めて憂歌団を生のライブで聴きに行った。
森ノ宮のピロティホールで、三組が出演していた。
一組目はセシル。
ニ組目は有勘。
三組目が憂歌団。
セシルというのは誰かは分からないが、ニ組目の有勘にブッ飛んだ。
憂歌団の内田勘太郎がギターを弾き、もう一人の有山淳司という人が歌を歌いながらギターも弾いていたのであるが、これが「悪魔のギター、天使の歌声」と呼ばれる二人組で、有山さんの「梅田からナンバまで」が衝撃を受けるくらいカッコ良い歌だった。

すぐに有山淳司について調査し、「梅田からナンバまで」が入っているレコード「ぼちぼちいこか」(再発盤)を入手してレコードやカセットテープで聴きまくった。
その頃に見に行った百又ビル地下のバーボンハウスでのライブが誰目当てだったのかは忘れてしまったけど、途中でベーシストが誰かギターとふたりだったか、はたまたバンドだったかで数曲だけ演奏し、これがまたメッチャカッコよかった。

このベーシストが藤井裕であった。
ソロのコーナーでは、これも当時ファンであったジャコパストリアスの曲をジャコよりも荒削りな風合いで演奏していた。
演奏していた中のうちの1曲が今もって何の曲だったかは分からないが、調査に調査を重ねて、更に研究に研究を重ね、きっとこの曲が入っているだろうと踏んで買ったレコードが上田正樹とSOUTH TO SOUTHの「この熱い魂を伝えたいんや」(再発盤)というライブアルバムだった。

これが名盤である。
「名盤」とはこれからの残りの人生にも無くてはならない、心に痛撃を与え続けるアルバムである。

d0188185_2330022.jpg1. オープニング -サウス・トゥ・サウス-
2. ウ・プ・パ・ドゥ
3. 最終電車  ♪ 俺から見たらまわりはバラ色
4. こわれたコーヒー・カップ
5. ラブ・ミー・テンダー
6. ブレイク・ダウン
7. むかでの錦三
8. わが心のジョージア
9. お前を離さない

名盤と書いたものの、レコードに針を落としたしょっぱなからガツンと来たわけではなく、ジワジワとその良さが判ってくるという、MARVIN GAYEの「what's going on」タイプのカッコ良さである。

1975年9月28日、兵庫県の芦屋で行われたこのライブの時にベーシスト藤井裕は23歳。(アルバムジャケットの左端)
とても23歳で弾けるようなベースラインではないのに、それを事も無げにうねり上げる腕前は天才としか言いようがない。タマラン。

その藤井裕が今年の10月16日に食道がんで亡くなってしまった。
今年一番の痛恨事である。
超絶テクニックのジャコパストリアスでも、いぶし銀の永本忠でも、世界のポールマッカートニーでも、また、ジェームスジェマーソンでも、ウィリーウィークスでも、ジョージポーターJrでも、ドナルドダックダンでも、ロビーシェイクスピアでも、細野晴臣でも、ベースのカッコよさでは藤井裕にはかなわない。

お好み焼き屋の裕ちやん、いつまでも忘れへんで~。
d0188185_113212.jpg
(1984年頃の年越しライブ@バナナホール)
[PR]
by furomikan | 2014-12-31 23:58 | 音楽 | Comments(0)

National Portrait Gallery

ワシントンDCの 国立肖像画美術館で2014年2月7日~9月7日の7ヵ月間行われている企画展「American Cool」ではアメリカの俳優やミュージシャンのシブいポートレイトがたくさん展示されていた。
その中でもっとも輝いていたのがこの人。
ワシントンDC生まれであることはインターネットで調べて今はじめて知った。次の4月1日で没後30年なのも。
d0188185_1537040.jpg
[PR]
by furomikan | 2014-03-13 23:59 | 音楽 | Comments(0)

Village Vanguard

ビルエバンスの名盤「Sunday at the Village Vanguard」でその名を知ってから、いつか行ってみたいと思っていた。
同じ日曜日。同じくピアノトリオの演奏がこの日あった。

BARRY HARRIS TRIO
 Barry Harris-p
 Ray Drummond-b
 Leroy Williams-d

知らない人だったが、聞いてみるとエラいカッコよかった。
d0188185_1562369.jpg
[PR]
by furomikan | 2014-03-09 23:59 | 音楽 | Comments(0)

Rubber Soul(The Beatles/1965年)

d0188185_8543655.jpg1. Drive My Car
2. Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
3. You Won't See Me
4. Nowhere Man
5. Think For Yourself
6. The Word
7. Michelle

8. What Goes On
9. Girl
10. I'm Looking Through You
11. In My Life
12. Wait
13. If I Needed Someone
14. Run For Your Life

中学生のころからビートルズを聞き始めてのち、この20年から15年ほど私のビートルズベストアルバムとして揺るぎ無いのがこのラバーソウル。

こんな名盤はない。
「名盤」とは残りの人生で絶対になくてはならないアルバムのことである。

中学から高校の頃まではリボルバーやサージェントペパーズは斬新でカッコいい、アビイロードのB面はなんて凄いんだと思っていたけど、結局落ち着くところはフォーセール~ヘルプ!~ラバーソウルなどの中期前半のサウンドである。

He's a real nowhere man
Sitting in his nowhere land
Making all his nowhere plans for nobody

Doesn't have a point of view
Knows not where he's going to
Isn't he a bit like you and me?

 Nowhere Man, please listen
 You don't know what you're missing
 Nowhere Man, the world is at your command

He's as blind as he can be 
Just sees what he wants to see
Nowhere Man can you see me at all?

 Nowhere Man, don't worry
 Take your time, don't hurry
 Leave it all till somebody else lends you a hand

Doesn't have a point of view
Knows not where he's going to
Isn't he a bit like you and me?

 Nowhere Man, please listen
 You don't know what you're missing
 Nowhere Man, the world is at your command

He's a real Nowhere Man
Sitting in his nowhere land
Making all his nowhere plans for nobody
Making all his nowhere plans for nobody
Making all his nowhere plans for nobody

(作詞・作曲 Lennon/McCartney)

「ひとりぼっちのあいつ」。
なんてカッコいい邦題なんだろう。

このアルバムには他に、Norwegian Wood (This Bird Has Flown) / You Won't See Me / In My Life / Run For Your Life と名曲が多い。
大阪ドームでは「You Won't See Me」が聞きたかったな。

Rubber Soul よ永遠に!
[PR]
by furomikan | 2013-11-26 22:34 | 音楽 | Comments(0)

冨田勲氏の「きょうの料理」

作曲家でシンセサイザー奏者の冨田勲氏が「きょうの料理」のテーマ曲を作っていたことはこの記事で初めて知った。

この印象的な小作品がこのように生まれたとは!
オモロイ!!
(画像クリックで拡大)
d0188185_22235569.jpg
[PR]
by furomikan | 2013-07-22 22:25 | 音楽 | Comments(2)

きのうの思い出に別れをつげるんだもの(ザ・ディランⅡ/1972年)

d0188185_14135317.jpg1. 君の窓から
2. 子供達の朝
3. その時
4. 君を思いうかべ
5. 男らしいってわかるかい

6. プカプカ(みなみの不演不唱)
7. さみしがりや
8. 君はきままに
9. うそつきあくま
10. サーカスにはピエロが (11. 満鉄小唄)

(おおつかまさじ/ながいよう/西岡恭蔵/中川イサト/村上律/駒沢裕城/シバ/野村哲夫/東山光良/岩本一郎/小河みつる)


ザ・ディランⅡのこのファーストアルバムは名盤である。
「名盤」とはこれからの残りの人生においてもなくてはならないアルバムのことである。

このアルバムは25年以上聞き続けているのにほとんどの曲の歌詞の意味が全く解らない。
例えばB面2曲目の「さみしがりや」はこんな歌詞。
飛ぶことのできないさみしがりやは
君の胸もとに耳をあて
やすらぎを求め続ける
  墓場をさまよう母親たちに
  会えないってさみしがる

ひとりぼっちの好きなさみしがりやは
沈みゆく太陽が好きで
ささやかな喜びを手に入れる
  でも愛のない石切場では
  キスはやめときな

こわすことのこわがるさみしがりやは
ひたすら口でこわしつづけ
きずつけ合う近づこうと
  君の見せてくれたはずのものが
  僕には見られなかったんだ

  君の見せてくれたはずのものが
  僕には見られなかったんだ

(作詞・作曲 おおつかまさじ)

歌詞の意味(のようなもの)が解るのはこの曲の前後の「プカプカ(みなみの不演不唱)」と「君はきままに」ぐらい。

「でも愛のない石切場では、キスはやめときな」って、全く意味わからんがどんだけ渋い。
渋いけど意味は不明。

このアルバムが何故か長年私の心を強く打ち続け、その度に夢か幻想の世界に引き込んでくれる。
50年後もこのアルバムを聞いて感動してたい。
[PR]
by furomikan | 2012-12-26 00:01 | 音楽 | Comments(0)

福田屋

今日のポタリングの帰り道、家の近所にある雰囲気抜群の氷屋さんに入った。
高田渡のブラザー軒のイメージそのままのこの店は大正末期から80年程営業を続けている。近所の方たちに愛されている名店なのだろう。
みぞれ味を注文しようとしたがメニューに載っていない。訊いてみるとメニューの最初に書かれている「氷水」がそのみぞれ味だそうだ。
確かにブラザー軒で皆が口にしているのも氷水だった。
食べているあいだ僕の親父も僕の脇で氷水を食べてたのだろうか。

「ブラザー軒」
詩:菅原克己 曲:高田渡

東一番丁ブラザー軒
硝子簾がキラキラ波うち、
あたりいちめん氷を噛む音

死んだおやじが入って来る
死んだ妹をつれて
氷水喰べに、ぼくのわきへ

色あせたメリンスの着物
おできいっぱいつけた妹
ミルクセーキの音にびっくりしながら

細い脛だして、細い脛だして
椅子にずり上る、椅子にずり上る

外は濃藍色のたなばたの夜
肥ったおやじは小さい妹をながめ
満足気に氷を噛みひげを拭く

妹は匙ですくう
白い氷のかけら
ぼくも噛む
白い氷のかけら

ふたりには声がない
ふたりにはぼくが見えない
おやじはひげを拭く
妹は氷をこぼす

簾はキラキラ
風鈴の音
あたりいちめん氷を噛む音

死者ふたり連れだって帰る、
ぼくの前を
小さい妹がさきに立ち、おやじはゆったりと

ふたりには声がない、ふたりには声が
ふたりにはぼくが見えない、ぼくが見えない

東一番丁ブラザー軒
たなばたの夜
キラキラ波うつ
硝子廉の向うの闇に

d0188185_14585554.jpg

d0188185_232784.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-08-19 23:27 | 音楽 | Comments(0)

Donald “Duck” Dunn

東京のブルーノートでのライブを終えたドナルド“ダック”ダンが死去したとの記事を読んだ。

Booker T. & the M.G.'sなどのベーシストとしてオーティス レディングやブルース ブラザーズのバックでカッコいいベースを弾いていた彼のプレシジョンベースが呻ることはもうない。

これまでの活躍に敬意と感謝をあらわし、ご冥福をお祈りします。
d0188185_0222315.jpg
d0188185_0275485.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-05-14 08:06 | 音楽 | Comments(0)

second(ザ・ディランⅡ/1973年)

d0188185_1529399.jpg1. ガムをかんで
2. 茶色い帽子
3. 君はきっと
4. 君住む街

5. こいのぼり
6. パラソルさして
7. 夕映え(インストルメンタル)
8. 悲しみは果しなく
9. すてきな季節に

(大塚まさじ/永井よう/瀬尾一三/柳田ヒロ/シンガースリー/北垣雅則/田中章弘/林敏明/友部正人/渡部勝)

憂歌団が好きでFMで彼らのライブを録音していた時に同じライブで大塚まさじという人が一時的に結成されたバンドをバックに「運命をかえるんだ」「天王寺想い出通り」「今宵君と」の3曲を歌っていた。その伸びやかで独特な歌い方に感じ入り購入したのがこのアルバム。25年ほど前、確か大学1年の時に梅田の駅前第2ビル地下にある名曲堂で買った。(その時のバンドのメンバーは石田長生[g], 藤井裕[b], 島田和夫[d]なので演奏はカッコ良すぎにならざるを得ない。同じライブでは竹中直人がプカプカを歌っていた。)

このアルバムが名盤であった。
「名盤」とはこれからの残りの人生においてもなくてはならないアルバムのことである。

特にA面の陰陽入り混じる名曲4曲とB面2曲目の「パラソルさして」。
音楽評論家ではないので何にも気の利いたコメントが書けないのが残念だがとにかく私の心を強く打ち続ける。

毎年5月後半の梅雨に入る前に新緑鮮やかな公園を通るとB面2曲目の「パラソルさして」が自然と唇にくっつく。
1番・2番のそれぞれの歌詞の出だし部分は脳内に鮮やかな映像を映し出す。
コカ・コーラの広告塔の影に守られた夏が
人気のない公園にポツンと君をうかべる
人待ち顔の街角は行くあてなしの君の夏
のぞいた僕は気まぐれな風さ

  緑の夏をパラソルさして
  君の手を取り街を歩けば
  時には風も吹くみたい
  時には風も吹くみたい

麦わら帽子の穴ぼこを通り抜けた夏が
しゃがんだ君の横顔に白いホホ紅つけた
絵日傘さしたかげろう達とドレスの君の舞踊会
見守る僕も青い燕尾服

  緑の夏をパラソルさして
  君の手を取り街を歩けば
  時には風も吹くみたい
  時には風も吹くみたい

行くあてなしのロマンス舟が光の海の公園で
君をさそった夏の昼下がり

  緑の夏をパラソルさして
  君をさそって街を歩けば
  時には風も吹くみたい
  時には風も吹くみたい

  緑の夏をパラソルさして
  君の手を取り街を歩けば
  時には風も吹くみたい
  時には風も吹くみたい
(作詞・作曲 西岡恭蔵)

今日、この公園を見つけたので白黒で写真を撮った。
夏は終わったけど良い感じだ。
d0188185_1610182.jpg
[PR]
by furomikan | 2011-09-24 23:58 | 音楽 | Comments(0)