勝五郎の読書雑記

カテゴリ:銭湯( 93 )

寿湯(東京都大田区蒲田)

東京でも大阪でもあまり見かけたことのない浴室中央の丸い湯船。
(このあと、横浜市鶴見区寛政町の安善湯で見た。)

温い・熱い・座風呂など丸の中にバラエティーがあった。
d0188185_1545451.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-07-26 23:59 | 銭湯 | Comments(0)

海水湯(東京都品川区東品川)

今回、東京で初めて入ったお風呂がこの品川区の海水湯。(今は海水は引いてはいないけれど。)
平成の初めは古い銭湯だったようだが、その後改装されて今のような近代的なビルディング銭湯となった。

露天風呂が気持よく、水風呂もあり、大阪の優良銭湯のような感じだった。
次は黒湯の天然温泉のお風呂か立派な唐破風の古風な銭湯に行こう。
d0188185_22314638.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-07-04 23:59 | 銭湯 | Comments(2)

大福湯(大阪市此花区西九条)

大福湯はフロント式で脱衣場と浴室はいつも清潔。
スチームサウナは高温で、チラーでよく冷やされた水風呂もすごく気持ちがいい。
煙突がないこの銭湯の燃料はガス。だから炭酸ガス風呂があり、冬は湯冷めしにくいのでいい。

でもこの銭湯で一番いいのは暦風呂となっている浅い気泡風呂で、ここのステンレスパイプのとても冷たい冷水枕の中で奏でられるガムラン音楽のような水の音である。
リズムがキチンとしており、幾重にも重なる水琴音がいい和音になっている。(女湯は未確認)
男湯の暦風呂のステンレスパイプに耳をあてにこの大福湯へ是非行ってくみてださい。
d0188185_12323866.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-06-29 23:59 | 銭湯 | Comments(2)

新高槻温泉(高槻市北園町)

5/3(木・祝)、高槻ジャズストリートの帰りに 新高槻温泉に立ち寄る。
d0188185_20133824.jpg

d0188185_20141514.jpg

サウナやスチームサウナはよくあるけどここにあるのは「むし風呂」。
乾式サウナではなく、室内がタイル貼りのスチームサウナでもない。

そのむし風呂の前に水風呂があり、贅沢にも満々の水が浴槽に満たされている。
アッツ熱の体を冷ますため体を突っ込むと、井戸水から汲み上げた清々しい水が溢れだすこの水風呂は上部がアーチ状になっているタイル浴槽がとてもいい。

高槻の町も、なかなかいい。
d0188185_20272820.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-05-05 23:59 | 銭湯 | Comments(0)

潮干狩り&白浜温泉

先週4月28日のレポート。
朝、明石海峡大橋を見学してから、姫路の白浜で開催された関西てくてく銭湯のイベントに参加した。
d0188185_20474980.jpg

山陽電車の白浜の宮駅から少し町をぶらぶらしてから潮干狩りをする海の家へ。
この日はすごく天気がよく、これがホンマにエエ天気だった。
d0188185_20531198.jpg

ここでのんびり。
d0188185_2111237.jpg

一旦、夕方に入る予定の白浜温泉の釜場を見学。ここは釜の前に積まれた廃材置き場。
d0188185_20555012.jpg
燃え残りの釘の山。
d0188185_2181836.jpg

また海に戻ってから白浜温泉のオカミさん手作りのお弁当。うまい!
d0188185_21103815.jpg

それから潮干狩り。久しぶり!楽しい!
d0188185_21101998.jpg

ザクザク獲ってからお楽しみの銭湯へ!
d0188185_2117028.jpg

4月1日にタイルの修繕をしたあこがれの浴室で体の潮を落とす。
d0188185_21141728.jpg
d0188185_21163786.jpg

アサリはぎょうさん獲れたので翌日、翌々日の2日続けてアサリの酒蒸しを楽しんだ。
d0188185_21212777.jpg

自然から植物や動物の実を収穫するのはとても楽しい!
[PR]
by furomikan | 2012-05-04 21:30 | 銭湯 | Comments(0)

風呂ンティア

4/22(日)の晩にテレビで、自宅の浴室の壁に富士山を描く「風呂ンティア」という取り組みをしている人のことをやってた。
d0188185_22224396.jpg


続きを見る
[PR]
by furomikan | 2012-04-23 23:59 | 銭湯 | Comments(2)

稲荷湯(大阪市此花区梅香)

数年前にデイサービスに転身したので、現在は銭湯ではない。
一度だけ入ったことがあるが、タイル絵があったことを覚えていなかった。
ラッキー植松さんの話しによると、かなり立派な金閣のタイル絵があったというので、その記憶が無いことが悔しかった。

それだけすごいタイル絵なら、ひょっとしてデイサービスになった今でも残っているのではないかと今日考え及んで早速行ってみた。

入口を入って声をかけていたが、吹奏楽団の「川の流れのように」の演奏が聞こえるだけで、声が届かない。
仕方ないので勝手に靴を脱いで演奏の聞こえる方へ行ってみると店の人の他にも大勢の人が演奏を聞いていた。
不躾ではあったが店の人に声をかけ事情を話すとタイル絵は今も残っており、見てもいいし写真をとってもいいと快く応えていただけた。
d0188185_2295078.jpg

想像以上に立派なタイル絵に驚き、感嘆した。
小さなタイルを何十万個も使った上品な作品で、銭湯のタイル絵でこれ以上大きなものは見たことがない。
最近、どうしても目地に目が行ってしまうのだが、とてもきれいな状態だった。
d0188185_22384033.jpg

このタイル絵は向かって右側の浴室のもので、反対側にも同じ金閣のタイル絵があったが、今そこはデイサービス客用の浴室に変わっていて、その入口には暖簾が今もかかっている。
d0188185_22414443.jpg

タイル絵の残っている側は今回演奏会が催されていたようにいろんなイベントにどんどん使ってもらいたいと仰っていた。
今日はいいものを見せてもらえました。
d0188185_22473124.jpg


この近くにはアーティスト集団「コノハナメヂア」が拠点を構えていて、町の所々にアートを咲かせている。
どういう活動内容かはよく知らないが、頑張って!
d0188185_22495754.jpg
d0188185_2251403.jpg
d0188185_22515190.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-04-21 22:57 | 銭湯 | Comments(0)

高砂湯(高砂市高砂町船頭町)

4月1日の姫路の白浜温泉でのタイル貼り作業の帰りに連れて行ってもらったのがこの高砂湯。
d0188185_22161435.jpg

下足箱の奥にある便所のガラス窓がハート型でかわいらしい。
d0188185_2220236.jpg

脱衣場の全てのものが古めかしく、強烈に郷愁をそそる。
d0188185_22221849.jpg
d0188185_22223691.jpg
d0188185_22224769.jpg
d0188185_2223611.jpg

今、猛烈に再びこのお風呂に入りたくなってきた。この脱衣場におりたい。
[PR]
by furomikan | 2012-04-17 22:25 | 銭湯 | Comments(0)

本田新温泉(大阪市西区本田)

大阪市西区の本田は「ほんでん」と読む。
だから本田新温泉も「ほんでんしんおんせん」と読む。
先っちょからコーキング剤が出てきそうな白い煙突が珍しい。
d0188185_18374639.jpg

浴室に入ると正面の大きなタイル絵が目に飛び込んでくる。
ひと通り眺め終えて読書していたら、お客さんがひとりだけになったのでチャンスと思い、番台のオカミさんに頼んで写真を撮らせてもらった。
湯船の縁や浴室の右奥はタイル絵ごとアールになっている。
d0188185_191584.jpg

電気風呂の仕切りも丸くなっている。
d0188185_1921519.jpg

間近に見ると小粒のタイルがキレイ。でも目地の汚れが少し気になる。
d0188185_198585.jpg

湖に浮かぶ白鳥のクチバシや頸・尾の部分は三角カットになっている。
d0188185_1985846.jpg

一人いたお客さんが写らないように写真を撮り終え、カメラをロッカーに戻してオカミさんにお礼を言いに番台へ行くと、「お風呂、いろいろまわってはんの?良かったらこれあげましょ」といって古い暖簾をくれた。
d0188185_19384767.jpg
自宅で拡げて撮った。暖簾が入っていたボロボロの紙袋には「大阪型」とあった。
d0188185_1943121.jpg

脱衣場には大阪市の古い地図があった。
1月に此花区伝法の町歩きツアーをしたが、そのあたりはこんな感じ。
昭和11年1月発行のこの地図では伝法川は健在。
駅の西九条は「にしくぜう」で、南側へは桜島方面にのみ伸びて、弁天町方面にはつながっていない。
d0188185_21525696.jpg

ちなみにこちらは大正末期~昭和初期の西九条のイラストマップ。
d0188185_19555936.jpg
【拡大】d0188185_21222295.jpgd0188185_21305292.jpg
西九条に昔7軒あった銭湯は今たった1軒しかない。大福湯は今もこの場所にある。
かつての西九条には「潮湯」や「勝利湯」なんていうカッコいい名前の銭湯があったんだぜ~。
(レッドカーペットのスギちゃんを見たばかりなので)

おばちゃん、暖簾をありがとう!
d0188185_21563161.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-04-14 21:50 | 銭湯 | Comments(0)

白浜温泉(姫路市白浜町)

友人たちが実施している「姫路の白浜温泉を応援しよう!」という企画のタイル作業に参加した。
その前に白浜温泉の最寄り駅、山陽電鉄白浜の宮駅すぐの姫路おでんやさん澤田店(さわだみせ)で初姫路おでんを電車内で会った友人たちと食べた。作業終えてから日本酒と一緒にやりたかったな。
d0188185_1991918.jpg

男湯の浴槽壁面のタイルの目地入れを済ませた後、女湯のタイル貼りをした。
全国でも非常に珍しい(日本で一つ?)というアーガイル模様の浴室の床タイルにひび割れや、規則的に並んでいない部分がある。これを補修する際に元々貼られていたのと同じタイルが必要なのだが、これがないので代用のタイルでこれまで補修されてきた。しかしこの日、白浜温泉のオカミさんが「よく探したらタイルが見つかった」ということで新しい古タイルを存分に使って修繕することができた。

下の写真のピカピカした白タイルは本来の白タイルの代用である。
また規則性に沿わず並んでいる緑のタイルも気になる。
d0188185_18142013.jpg
これらの不本意なタイルをノミに似た道具と金槌で弾き出し、ミニ箒でササッと掃除して目地材を敷いてから正しい色のタイルをはめ込んで、下の写真のようにするという作業である。
d0188185_18144013.jpg

やり始めるとすごく楽しいが、アホみたいに前々日にスギ花粉満載の山中を自転車で走ったせいで鼻から洟が垂れ出るという思わしくない体調だったので、本気が出せず少し残念だった。
私は初めての参加だったが、この日参加した他の4人は今年に入ってから何度も何度も手弁当でこういった作業をされていて、作業もすごくなれている様子だった。
d0188185_22551562.jpg

夕方に作業を終えて脱衣場の55年前の古看板をパチリと写真に撮る。
d0188185_22591232.jpg

帰り際、暖簾のところにいるオカミさんもパチリ。
このオカミさんの話も「ふろいこか~ ラジオ」で聞けるので是非お聞き下さい。
d0188185_18103719.jpg
この日、白浜温泉は定休日だったので、山陽電車で何駅か戻った高砂駅の高砂湯で疲れと汚れを落とした。
この高砂湯も最高だった。こんどはこの白浜温泉にゆっくり湯に浸かりに行きたい。
[PR]
by furomikan | 2012-04-09 23:13 | 銭湯 | Comments(0)