勝五郎の読書雑記

カテゴリ:銭湯( 93 )

辰巳湯(東京都大田区西蒲田)

東京の自宅から一番近いレトロ銭湯、辰巳湯には8月25日に友人と一緒に初めて行った。
丸山さんの絵だったか、中島さんの絵だったかも忘れてしまったが、ペンキ絵のある折り目正しい正統派の銭湯だった。
d0188185_21391099.jpg

今日はその先にある、8月から9月にかけて休業していた池上温泉に行こうと自転車を漕いでいたら、辰巳湯廃業の貼り紙を見つけてしまった。
d0188185_134852.jpg

残念だが仕方が無い。
バイバイ、辰巳湯。
[PR]
by furomikan | 2012-10-09 21:39 | 銭湯 | Comments(0)

温泉百万石(大阪市東住吉区住道矢田)

去年の11月、中島盛夫氏の銭湯のペンキ絵公開制作イベントがあった日の帰りに入りにいったのが東住吉区のこの温泉百万石。
「加賀百万石」を思わせるたいそうな屋号であるが、ここは町の普通の銭湯である。
d0188185_7325951.jpg

質素で清潔な様子の玄関。
d0188185_73341100.jpg

御影石の大きな湯船が深・浅と簡潔に並んでいる浴室。
d0188185_7341360.jpg

各カランごとにいちいち鏡を配備しないイサギの良い洗い場。
(ビゲ剃りの時は上の写真に写っている高い位置にある鏡を使う。)
d0188185_7343964.jpg

気持ちのいい湯上りを促す水鉢。
d0188185_735087.jpg

当然のように大衆演劇のポスターを貼り続ける脱衣場。
d0188185_7352434.jpg

全く独特な雰囲気を作り出している、脱衣場ロッカーの下部に備わるガラスケース。
d0188185_7354244.jpg

皆さんにも体験してもらいたかったが、この7月に廃業したという。

バイバイ、温泉百万石。
[PR]
by furomikan | 2012-09-10 07:35 | 銭湯 | Comments(1)

銭湯で見たポスター

B級コントのようなユニークな雰囲気の独特なポスターがあったのでアップします。
就業時間の5時が過ぎたら、もうこの体たらく。でも何かイイでしょ。
d0188185_16515515.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-08-24 23:59 | 銭湯 | Comments(0)

明神湯(東京都大田区南雪谷)

大田区の中で一番行ってみたかった銭湯、明神湯。
「外観が渋い銭湯」という思いだけ持って入ったのですっかり富士山のペンキ絵のことは忘れていたが、入ってみてその正統な姿に圧倒された。平成22年に描かれていて「ナカジマ」のサインがないので丸山絵師の作品だろう。西伊豆からの富士山だった。
浴室に水風呂も水シャワーも無いのが残念だったが、極めて高い浴室の天井と、脱衣場横の気持ちのいい庭が素晴らしかった。

梅屋敷までの遠い距離を自転車こいで帰る途中、ミニシアターみたいなところで若手芸人のライブをやっているようだったので出演者を見てみると誰も知らない。唯一、ゲストに野生爆弾がいることがわかった。若手芸人の中には突発的に爆笑させてくれるヤツもいるのでそれを期待して1200円を支払って入場してみたが、期待に反して野生爆弾しか面白くなかった。野生爆弾のシュールな笑いは健在であることが分かっただけで良しとしよう。
d0188185_15274996.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-08-18 23:59 | 銭湯 | Comments(0)

竹の湯(東京都大田区羽田)

羽田の方へ初めて自転車に乗って出かけて銭湯へ。
自宅のある梅屋敷からは少し距離があったが、大田区銭湯スタンプラリーでスタンプ10個目達成の記念品がもらえる銭湯は約50ある大田区の銭湯のうちの12軒だけ。10個のスタンプがダブってはいけないし、記念品がもらえない所へ行っても意味がないのでわざわざ羽田まで行ったのだ。

あっつい夏は、べたべたになった体の汗を流すにはすごく気持ちのいい季節。
入ってみるとタイル絵は秋風が吹いていそうな寂しげな欧州の川べりの村といった感じで、銭湯にはそぐわないと思った。
でも無料サウナでバシッと汗を噴き出させ、記念の下足札ストラップももらい、ご機嫌で帰途についた。
d0188185_15411524.jpg
d0188185_15415255.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-08-12 23:59 | 銭湯 | Comments(0)

第二日の出湯(東京都大田区西蒲田)

今日は東京に来て初めて昼寝をして、夕方からは黒湯温泉のある第二日の出湯に行った。
暖簾には「大田黒湯温泉」と書かれている。
3年前に亡くなった早川絵師の富士山ペンキ絵があるとの予習情報と違って、24日前に描かれたばかりの中島絵師のペンキ絵が眼前に現れてちょっと驚いた。
富士山の絵ではなく、立山連峰を思わせる雪山の連なりが男湯女湯に亘って描かれていた。月の後半は男女の浴室が入れ替わるので今度また行ってみよう。
黒湯の湯船に入っている親子のお父さんが蛇口から出ている常温の黒湯を子供さんと一緒に飲んでいたので尋ねると、この黒湯は飲んでもいいとのこと。その後、仕事で兵庫県で働いているという蒲田ご出身のこのお父さんと10分ほど会話を交わし、スーパーのマルエツで夕食のおかずを買って、部屋に戻り五輪ニッポン女子バレーの銅メダル獲得を見届け、一人喜んだ。
d0188185_21224298.jpg
d0188185_15214155.jpg
d0188185_15234567.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-08-11 22:05 | 銭湯 | Comments(0)

天神湯(東京都大田区南蒲田)

天神湯は露天風呂が気持ちいい。
入浴したこの日、露天風呂から近くの祭囃子が聞こえていたのを思い出す。
d0188185_15172156.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-08-05 23:59 | 銭湯 | Comments(0)

大森湯(東京都大田区大森西)

ここの床が変わっていたので写真を撮っておいた。
穴の空いた橙色の樹脂は何の目的で挟まっているんやろう。
しかし、ここのお風呂の水風呂はずいぶんぬるかったな。
d0188185_16544883.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-08-02 23:59 | 銭湯 | Comments(0)

東湯(東京都大田区東蒲田)

立派な唐破風があるのに、その下の部分は改装で白タイルが貼られていて昔の情緒が消えているのが残念。
中に入ると鯉の池があり、フロント前の一部分は床面が透明プラスチックになっているという少し凝った作りになっている。

特筆しておく必要のあるのは浴室正面の竹取物語のタイル絵。
かぐや姫の後ろ姿が物悲しい416枚のタイルを見ながら湯に浸かるのは格別だった。

昭和の繁盛期には役に立ったと思われる島カランが少し寂しい。
d0188185_11414916.jpg

(2013年8月追記)
東京にはこういうように複数のシャワーブースがある銭湯がいくつもあった。
ここにはないが、浴びる姿を隠すためのカーテンがついているのも多い。
どちらも関西の銭湯では見かけない。
d0188185_7232346.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-07-30 12:07 | 銭湯 | Comments(0)

扇港湯(神戸市長田区駒ケ林町)

素晴らしい神戸の銭湯。
細長い洗い漕。こんなのは今までに見たことがない。
ポートタワーの夜景のタイル絵も見ものだ。
d0188185_15101474.jpg

d0188185_15152577.jpg

d0188185_15163063.jpg

d0188185_15131024.jpg

[PR]
by furomikan | 2012-07-29 23:59 | 銭湯 | Comments(0)