勝五郎の読書雑記

鯨の絵巻

吉村昭 (著)
★★★☆☆
紀州太地に三百年の歴史を持つ鯨組で、網とり漁法の最後の筆頭刃刺を務めた男の生涯をたどり、海の男たちの勇壮華麗な鯨との闘いと、滅びゆく古式捕鯨にしか生きる場を持たない者の悲哀を鮮やかに浮かび上がらせた「鯨の絵巻」。教職を剥奪され、奄美大島の夜の山地に青白い鱗の輝きを追うハブ捕獲人を描く「光る鱗」ほか、「紫色幻影」「おみくじ」「緑藻の匂い」を収録した、動物を相手に生活を営む人間たちの哀歓をさぐる短編集。
動物に関わって生きていく男たちの物語。実に吉村昭らしい短編。
d0188185_00061603.jpg

[PR]
by furomikan | 2016-11-20 23:59 | 読書雑記 | Comments(0)