勝五郎の読書雑記

塩狩峠

三浦綾子 (著)
★★★★★
若い時分に読んだ本をまれに読み返すことがあり、この本がそうだった。
若かった私がこの本を読んでいたく感銘を受けたのはラストシーンだけだったと思っていたところ、読み返すと読み易い文章はタンタンと敬虔なキリスト教徒の生き方を紡ぎ出していて、惹きつけていたものが最後の場面だけだった訳ではないことを知った。
d0188185_11270547.jpg

[PR]
by furomikan | 2016-11-12 23:59 | 読書雑記 | Comments(0)