勝五郎の読書雑記

暴雪圏

佐々木譲 (著)
★★★☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
三月末、北海道東部を強烈な吹雪が襲った。不倫関係の清算を願う主婦。組長の妻をはずみで殺してしまった強盗犯たち。義父を憎み、家出した女子高生。事務所から大金を持ち逃げした会社員。人びとの運命はやがて、自然の猛威の中で結ばれてゆく。そして、雪に鎖された地域に残された唯一の警察官・川久保篤巡査部長は、大きな決断を迫られることに。名手が描く、警察小説×サスペンス。

途中まで面白かったのに、後半ちょっと雑なストーリー展開になり、満足できなかった。
d0188185_21112599.jpg
[PR]
by furomikan | 2016-01-08 23:59 | 読書雑記 | Comments(0)