勝五郎の読書雑記

レトロ銭湯へようこそ 関西版

松本康治 (著)
★★★★☆
内容紹介
大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・三重に残る昔ながらの風呂屋47選。
街の銭湯が年々減少してく中、関西には今も昭和レトロな雰囲気が色濃い“レトロ銭湯"が各地に残っています。本書は神戸市在住の作家で銭湯取材・撮影をライフワークとしている松本康治氏が、関西各地のクラシックな銭湯を徹底解説いたします。店舗・建物ガイドに加え、照明、浴槽、脱衣場などの各種施設についても美しい写真を用いて詳述します。一部の浴場情景写真には人物を入れ込み(男性)、銭湯の臨場感をお伝えしています。

関西の銭湯を紹介する新しい本を作るので入浴客として写真に写って欲しいと友人の松本さんに言われてから何ヵ月か経って本当に撮影を開始することになり、私は
 ①花園新温泉 [東大阪市 2015/6/6(土)]
 ②寿湯 [大阪市淀川区 2015/6/6(土)]
 ③三光湯 [明石市 2015/6/13(土)]
 ④蘇武湯 [橿原市 2015/7/26(日)]
 ⑤新地湯 [京都市伏見区 2015/8/7(金)]
 ⑥別府湯 [京都市南区 2015/8/7(金)]
の以上6つのお風呂屋さんで「浴モ」としてこの本に関わることができた。
(他に取材を断られたとこが1軒と、行ったら休みだったところが1軒。)
ギャラは入浴代と入浴後の生ビールということだったが、取材に付いて行かせてもらえたことが一番の収穫だった。

その取材の中で一番驚いたことは初回の花園新温泉の時で、番台のすぐ前の部分から脱衣場、さらに浴室の男湯女湯の中央を貫いて忍者が走る秘密の抜け道のような通路が奥の釜場まで続いているのを見せてもらったときは軽くブッ飛んだ。
聞くと釜場に最短距離で行くにはこの造りがもっとも便利だかららしい。
いろんな銭湯に行ってみたい人は是非ともこの花園新温泉に行ってみてください。というか、この本に載っている全ての銭湯に行ってみてください。いや、この本に載っていなくても、近くのお風呂屋さんに行ってみてください。
d0188185_1944987.jpg
d0188185_1955771.jpg
[PR]
by furomikan | 2015-12-05 23:59 | 読書雑記 | Comments(0)