勝五郎の読書雑記

国盗り物語

司馬遼太郎 (著)
★★★★★
内容(「BOOK」データベースより)
(一) 世は戦国の初頭。松波庄九郎は妙覚寺で「智恵第一の法蓮房」と呼ばれたが、発心して還俗した。京の油商奈良屋の莫大な身代を乗っ取り、精力的かつ緻密な踏査によって、美濃ノ国を“国盗り”の拠点と定めた!戦国の革命児斎藤道三が、一介の牢人から美濃国守土岐頼芸の腹心として寵遇されるまでの若き日の策謀と活躍を、独自の史観と人間洞察によって描いた壮大な歴史物語の緒編。

(ニ) 気運が来るまで気長く待ちつつ準備する者が智者。気運が来るや、それをつかんでひと息に駆けあがる者が英雄。―それが庄九郎の信念であった。そして庄九郎こそ、智者であり英雄だった。内紛と侵略に明け暮れる美濃ノ国には英雄の出現は翹望する気運が満ちていた。“蝮”の異名にふさわしく、周到に執拗に自らの勢力を拡大し、ついに美濃の太守となった斎藤道三の生涯。

(三) 美濃を征服した斉藤道三は義理の子義竜の反乱に倒れたが、自らの天下統一の夢を女婿織田信長に託していた。今川義元を奇襲して鋭鋒を示した信長は、義父道三の仇を打つべく、賢臣木下藤吉郎、竹中半兵衛の智略を得て美濃を攻略した。上洛を志す信長はさらに畿内制覇の準備工作を進めてゆく…。信長の革命的戦術と人間操縦、その強烈な野性を、智将明智光秀を配して描く怒涛編。

(四) すさまじい進撃を続けた織田信長は上洛を遂げ、将軍に足利義昭を擁立して、天下布武の理想を実行に移し始めた。しかし信長とその重臣明智光秀との間には越えられぬ深い溝が生じていた。外向する激情と内向し鬱結する繊細な感受性―共に斉藤道三の愛顧を受け、互いの資質を重んじつつも相容れぬ二つの強烈な個性を現代的な感覚で描き、「本能寺の変」の真因をそこに捉えた完結編。

光秀が信長を討つ「本能寺の変」の名前は知っていても、その事態にいたるまでのいきさつを知っている人は少ない。
そこに至るまでの流れを、光秀の叔母の夫であり、信長の舅である斎藤道三の青年期まで遡って丁寧に物語にしたのが本書です。

主人公は1巻目・2巻目が斎藤道三で、3巻目・4巻目が織田信長と明智光秀と移っていく。初めて読んだら信長の苛烈さに卒倒するかも知れない。
この全4巻は本当に面白く、三日天下の明智光秀なんてつまらない奴じゃないのと思っている人には特にお薦めしたい。光秀は真面目で律儀ないい漢(おとこ)ですよ。また家康の意外な律儀さにも驚く。

光秀が討たれてこの『国盗り物語』は終わるが、そのあとは『新史太閤記』、『関ヶ原』、『城塞』と1615年の大坂夏の陣まで続いていく。
この四部作、20年以上前に読んだけど大坂夏の陣から今年でちょうど400年目ということで読み返している。
来年のNHK大河ドラマの「真田丸」の予習にもなるかもしれないし。(でも子どもたちにチャンネルを取られ、「世界の果てまでイッテQ!」を見てまうんやろ~な。
d0188185_1515815.jpg
[PR]
by furomikan | 2015-08-27 23:59 | 読書雑記 | Comments(0)