勝五郎の読書雑記

中村文則 (著)
★★★★☆
内容(「MARC」データベースより)
昨日、私は拳銃を拾った。これ程美しいものを、他に知らない-。銃に魅せられてゆく青年の心象と運命を、サスペンスあふれる文体で描く。第34回新潮新人賞受賞作、第128回芥川賞候補作。

ふとした偶然から拳銃を拾った青年が徐々にその精神を銃によって狂わされていく物語。
小説を書きたいという念が迸っている文体にすごく好感が持てる。
d0188185_12482691.jpg
[PR]
by furomikan | 2015-07-02 23:59 | 読書雑記 | Comments(0)