勝五郎の読書雑記

スコット親子、日本を駆ける ~父と息子の自転車縦断4000キロ~

チャールズ R. スコット (著), 児島修 (翻訳)
★★★★☆
内容(「BOOK」データベースより)
アメリカ人親子が67日間の冒険旅行で出会った、ニッポンの自然・歴史・もてなしの心―知床、白神山地、白川郷、京都、しまなみ海道、ヒロシマ、嚴島神社…インテル社で働くアメリカ人の父が、8歳の息子と日本最北端の宗谷岬から九州の佐多岬まで、日本アルプスを越え各地の世界遺産をめぐりながら真夏の日本列島を自転車で走り抜く。痛快な冒険旅行記。

自転車旅行時に41歳の父親スコットさんと日本のゲームセンターが大好きなかわいい8歳の息子ショウ(翔)君が国連で働くお母さんの祖国日本での自転車縦断旅行を発案・計画・実行・完了するまでが書かれている。
父子それぞれ2台の自転車でいくのではなく、表紙写真にあるような、駆動系の付いた後輪部分だけの子ども用自転車を荷台に接続してタンデム自転車のようなスタイルで二人で力を合わせて、地元の人達や知り合い・親類など多くの人たちの助けを得ながら、時にはサイトウさんというおじさんと一緒に走って完走する。

ショウ君の夏休みに合わせた6月後半に梅雨のない北海道をスタート地点に選んで出発するのだが、かわいそうに北海道では何度も雨に降られていた。旅行開始間もない頃はショウ君は度々癇癪を起こすが、旅を続けるにつけ逞しくなっていく姿が頼もしく、また、オフの時間を父は地元観光、子はゲームセンターやボウリングにそれぞれ行きたいのを、父子で互いに主張し合いながら折り合いをつけていく場面も微笑ましい。

父親のスコットさんは旅行後もインテルという優良大企業での収入・地位を選び続けるか、またはアッという間に大きくなってしまう子どもたちと過ごす時間を優先するか旅行中悩み、最後に決断する。

章末に時々入る「This is me and my dad...」という説明書き付きのショウ君の絵日記が可愛らしい。
d0188185_21362339.jpg
[PR]
by furomikan | 2015-06-28 08:47 | 読書雑記 | Comments(0)