勝五郎の読書雑記

あの頃、忌野清志郎と ~ボスと私の40年~

片岡たまき (著)
★★★★☆
内容(「BOOK」データベースより)
ド派手メイクに隠されたロックスターの素顔とは?一人の熱狂的ファンが衣裳係としてツアーへ同行するに至るまで。清志郎が『COVERS』、タイマーズに突っ走ったきっかけ。「ロック界のミステリー」RCサクセション解散劇の深淵に迫る―「清志郎との日々を詳細に書き記した秘蔵ノート」をもとに執筆。40年見つめ続けた元マネージャーが描く、決定版リアル清志郎伝。

著者情報
RCサクセションのマネージャー&衣裳係&ファンクラブ会報誌の編集を担当。同バンドが最も輝いていた1980年代の10年間をスタッフとして支える。1990年代、RCサクセションの活動休止以降は、シンガー・金子マリのマネージャーとして活躍。2004年以降、ソロになった忌野清志郎の衣裳係に復帰し、2009年の永眠まで清志郎の衣裳を担当。現在、14人編成のアコースティックオーケストラグループであるパスカルズのスタッフとして活動中。

片岡たまきさんという人がどんな人なのか知らずに図書館で予約。
本を手にして初めて著者の経歴を知り、一挙にメッチャ読みたくなってすぐに読んでしまった。
12歳の時にテレビで3人組のフォーク編成のRCを見て天啓を受け、じきに「忌野清志郎に就職したい」という思いを強くし、実際就職できた幸運な人。
その12歳の時の清志郎との出会いから、働き始めて忙しく楽しく清志郎に同行しているあたりの本の中盤くらいまでが特に面白く、同じファンとして楽しく読むことができた。
別の本に書かれていた清志郎評である「寡黙・紳士・礼儀正しさ、そしておちゃめ」というのが裏付けられるような描写ばかりで、やはり清志郎はそうなんや~と嬉しくなる。
文章の中に清志郎の歌の歌詞がところどころでてくるのも楽しい。
d0188185_10121381.jpg
[PR]
by furomikan | 2015-06-06 23:59 | 読書雑記 | Comments(0)