勝五郎の読書雑記

探検家、36歳の憂鬱

角幡唯介 (著)
★★★☆☆
内容紹介
大宅賞作家による初の冒険エッセイ集。受賞作『空白の5マイル』の舞台となったチベット・ツアンポーや、今秋書籍化される『アグルーカの行方』の舞台、北極、その他これまで冒険してきた各地で感じたことと今につながる意識。また、雪崩に三度遭い、死の淵で味わった恐怖、富士登山ブームの考察、東日本大震災の被災地を訪ねて、など読者を様々な場所へ旅させます。赤裸々に語る、探険家として、死に自ら近づいていってしまう性やジレンマについては、胸に迫るものがあります。生と死について、読者それぞれの思いを抱くことでしょう。
冒頭の2作「探検家の憂鬱」と「スパイでも革命家でもなくて探検家になったわけ」で、角幡唯介さんの人となりも知ることができます。
最後に収められた「グッバイ・バルーン」では、朝日新聞の記者時代に取材した冒険家、神田道夫さんの生き様を、いま再び浮かび上がらせます。本書を読み終える頃には、「探検家、36歳の憂鬱」が何であるのか、腑に落ちるでしょう。そしてきっと「角幡唯介」に会いたくなるはずです。

私の大好きな探検家・著述家の高野秀行さんの後輩で、先日読んだ「地図のない場所で眠りたい」で初めて知った人。
8つのエッセイのうち、
■行動と表現 ~ 実は冒険がノンフィクションに適さない理由
■雪崩に遭うということ
■グッバイ・バルーン
の3つが特に面白かった。

1つ目は探検活動についてのノンフィクションを書く際の葛藤について、
2つ目は実際に体験した3つの雪崩体験について、
3つ目は当時ニュースになった「風船おじさん」と呼ばれていた冒険家の意地について
の考察。
賢い人はいろいろ考えるものだと思った。
d0188185_21574361.jpg
[PR]
by furomikan | 2015-04-30 23:59 | 読書雑記 | Comments(0)