勝五郎の読書雑記

スズメの謎 ~身近な野鳥が減っている!?~

三上修 (著)
★★★☆☆
内容紹介
スズメは本当に減少しているのか? 日本人の暮らし方が変わり、人間と付かず離れずの距離感で生きてきたスズメが減少しているといわれている。
その実態は? スズメが少子化している事実を科学的に検証します。
そもそもスズメは日本に何羽くらいいるのか? スズメの数の数え方といったフィールドワークのおもしろさから、データをどう見て、研究に役立てるのか科学の考え方も紹介。
イラスト、写真満載、子供から大人まで楽しめるサイエンスノンフィクション。

本の内容よりも、著者三上修さんの几帳面な記述がとても印象に残った。読者が疑問に思っているだろうことを色々と先回りして懇切丁寧に書き綴っている姿勢に大きく好感が持てた。
d0188185_20586100.jpg
[PR]
by furomikan | 2014-05-09 20:57 | 読書雑記 | Comments(0)