勝五郎の読書雑記

クジラ&イルカ生態ビジュアル図鑑

水口博也 (著)
★★★☆☆
内容紹介
海洋生物のジャーナリストとして著名な水口博也氏が、ライフワークとするクジラとイルカを自らの写真を網羅し、リアルな観測記録も加え図鑑形式で見せる。氏の写真は個体写真だけでなく、芸術性をも兼ね備えており、見ているだけでも魅了される。未公開の不思議な生態写真は秀逸である。

ハクジラの中でだいたい4メートルよりも小さいのがイルカ、大きいのがクジラというらしい。
この本によると次のように分類されている。

クジラ目 ヒゲクジラ亜目(小魚やプランクトンの群れを飲み込み、ヒゲ板で濾しとって食べる)
  ┏ ナガスクジラ科
  ┣ コククジラ科
  ┣ セミクジラ科
  ┗ コセミクジラ科

クジラ目 ハクジラ亜目(円錐の歯があり、魚やイカ、他の海生哺乳類を捕獲して食べる)
  ┏ マッコウクジラ科
  ┣ コマッコウ科
  ┣ アカボウクジラ科
  ┣ イッカク科 (ベルーガはこの仲間)
  ┣ マイルカ科 (シャチはこの仲間)
  ┣ ネズミイルカ科 (スナメリはこの仲間)
  ┣ カワイルカ科
  ┣ アマゾンカワイルカ科
  ┣ ヨウスコウカワイルカ科
  ┗ ラプラタカワイルカ科

シャチがマイルカ科とは。
ジュゴンやマナティーはクジラ目とは別のカイギュウ目(ジュゴン目)だという。

イルカがハコフグを突いて遊ぶというのが意外で面白かった。
d0188185_19522947.jpg


<追記>
9/10の新聞に載っていた記事。
d0188185_946431.jpg
[PR]
by furomikan | 2013-09-03 20:39 | 読書雑記 | Comments(2)
Commented by とんぼ at 2013-09-04 07:50 x
おはようございます。
クジラとイルカの写真は見ていても気持ち良いですね。
いろいろなジャンルの本を読んでおられるのですね。
Commented by 勝五郎 at 2013-09-04 21:43 x
とんぼさん。
ヒゲクジラの喉から胸にかけての縦縞の写真がとても美しかったです。

面白そうだと思ったらともかくすぐに図書館で予約します。(WEBで)
すると、忘れたころに以前借りたかった本が突如として登場するのです。