勝五郎の読書雑記

育てたように子は育つ ~相田みつをいのちのことば~

相田みつを (書), 佐々木正美 (著)
★★★☆☆
出版社からのコメント
育てたように子は育つ……。簡潔で平易な言葉で、多くの人たちの心を癒す書画を残して急逝した相田みつをの作品の中から、児童臨床心理学者の佐々木正美が〃心のくすり〃として選んだ20篇の作品とその解説を収録。

よく知らないまま相田みつを氏のことを教訓めいた詩を書く人だと思っていたけれども、そういう人ではなかったとこの本を読んで判定することができた。

* * * * * * * * * * * * 

 欠点まるがか
 えで信ずる

* * * * * * * * * * * * 

 待ってもむだな
 ことがある

 待ってもだめな
 こともある

 待ってむなしき
 ことばかり

 それでもわたしは
 じっと待つ

* * * * * * * * * * * * 

子育てにいろいろと迷いを持つわが身としては考えさせられる言葉や。

d0188185_2242556.jpg
[PR]
by furomikan | 2013-08-08 22:04 | 読書雑記 | Comments(2)
Commented by とんぼ at 2013-08-09 09:48 x
おはようございます。
相田みつをさんは、有るがままの姿を肯定しているところがすごいと思います。そこが魅力なんでしょうね。
Commented by furomikan at 2013-08-10 00:09
「有るがままの姿を肯定」、確かにそう感じました。
そういえば、マッカートニー氏も40年ぐらい前にそういった歌を歌っていましたね。