勝五郎の読書雑記

生駒温泉(大阪市東成区中道)

本日、森ノ宮での用事が終わったあと、そこから近かった東成区のお風呂屋さんへ行ってきた。
この写真はご主人に頼んで番台の座席から番台据え付けの渋い抽斗を撮ってもらったものである。
お風呂券やお釣りが入ってるのだ。
d0188185_042447.jpg

この銭湯に入ってまず目に飛び込んできたのがこの折り上げ格天井で、こういうお風呂屋さんにいること自体が喜びである。
d0188185_09940.jpg

そう言えば、玄関を入って入店する際に見たこの古手の木造り部分と磨りガラス、それにタイル絵。
これを見たときにそういう予感は少ししていた。
d0188185_0101491.jpg

お客さんが多かったので、浴室までは撮影できなかったのが残念なのだが、中央に据えられた島湯船は大きく、珍しい人間洗濯機もあった。
ただ、この人間洗濯機は水圧のバランスがどうやってもうまく調整できないということでジェットは出ずに止まったままであった。
深浴槽内のグルリにある腰かけ部分からブクブクと泡が出ているのも珍しく、浴室左右の陰にカジキと思われる魚の立体的なタイルもまた初めて見た。

真夏の銭湯は実に気持ちがいい。
d0188185_0111066.jpg

上町大地を越えて自宅に向かって北へ西へとジグザグに自転車漕いでいると汗がまた噴出した。
でも行って良かった。
[PR]
by furomikan | 2013-08-07 23:57 | 読書雑記 | Comments(2)
Commented by とんぼ at 2013-08-08 06:51 x
おはようございます。
昨日の講義の後に行かれたのですね。
レトロなお風呂屋さんですね。
心の汗を流してこられたのですね。
Commented by furomikan at 2013-08-08 07:54
おはようございます。
そうなんです。写真に写っているところ以外は実はあまりレトロ感はないのですが、エエお風呂屋さんでした。