勝五郎の読書雑記

東上温泉(大阪市天王寺区東上町)

6月15日の土曜日、雨の中を談志の文七元結を聞きながら夕陽ヶ丘から鶴橋方面に向かい、環状線沿いにある銭湯の暖簾をくぐる。
d0188185_205412.jpg

入ると、右の男湯側の下足箱上に掲げてあったのがこの富士山(?)のタイル絵。
津田タイル店 電話(722)-2706 と書かれているけど、どこのタイル屋さんやろ?愛知県?
でもこれ、富士山とすると、ちょっと気色悪い。
d0188185_2081712.jpg

こっちはどこの絵かな?谷がえらい深いな。
d0188185_2083272.jpg


ここの風呂屋さん正面の見た目は、好きだった此花区の石見湯みたいや。
1枚目の写真の「廃材燃やします」のプレートを貼ってる壁の石タイルは石見湯の浴室正面奥の壁のタイルに似てる。
d0188185_234941.jpg

この東上温泉も正面奥の窓から庭が見られる造りになってて明るい。
気持ち良かった。

(こちら、今はもうない石見湯。)
d0188185_22205556.jpg
[PR]
by furomikan | 2013-06-30 23:59 | 銭湯 | Comments(0)