勝五郎の読書雑記

キネマの神様

原田 マハ (著)
★★★☆☆
内容(「BOOK」データベースより)
四十を前に、突然会社を辞めた娘。映画とギャンブルに依存するダメな父。二人に舞い降りた奇跡とは―。壊れかけた家族を映画が救う、奇跡の物語。

たまたま1か月ほど前に約20年振りにDVDで観た「フィールドオブドリームズ」のことが書かれていて読むタイミングとしてはよかったけど、本の物語としてはなんてことなかった。
素晴らしい映画評を書く爺さんのその映画評がグッと来ない。それは恐らくは「フィールドオブドリームズ」にしても「ニューシネマパラダイス」にしてもその映画に私がグッと来なかったからだろう。
「ミッドナイトラン」や「友だちのうちはどこ?」、「マイライフアズアドッグ」なら違っていたかも。
d0188185_092295.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-12-06 07:45 | 読書雑記 | Comments(0)