勝五郎の読書雑記

不思議面白古裂館

赤瀬川 原平 (著), 林 宏樹 (編集)
★★★★☆
内容(「BOOK」データベースより)
“ふしぎおもしろこぎれかん”へようこそ。なるほど、これが古裂の正体か。何だろう、この世界は…。赤瀬川原平氏も驚きの不思議古裂ワールド。

明治・大正・昭和の着物の生地の中には面白い図案のものもたくさん生み出されていて、それを平成の時代になって集めた人が、そのコレクションをかの赤瀬川原平にコメントしてもらったのが本書。
当時の人も、私たちとあんまり変わらないぐらいユーモアを持ち、心に余裕をもっていたことがよく判る。
d0188185_2271651.jpg
d0188185_2274982.jpg
d0188185_2281777.jpg

心に幅を持たせるこういう本が今後もたくさん出版されることを願う。
d0188185_2254493.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-06-30 23:59 | 読書雑記 | Comments(0)