勝五郎の読書雑記

トーキョー・シスターズ

ラファエル・ショエル (著), ジュディー・ロヴェロ・カレズ (著), 松本百合子 (翻訳)
★★★☆☆
内容紹介
なぜ赤信号は渡らないの?
どうしてみんなキレイなの?
トーキョー女子たちのあたりまえな風景に魅了され、恋してしまった2人の仲良しパリジェンヌ。
「もっともっと知りたい」と好奇心の赴くままに取材するラファエル&ジュリーが見たニッポンとは。
ひとりカラオケ、コスプレギャル、殺気みなぎるファミリーセール。
知れば知るほどハマってしまうミラクルワールド。めくるめくラブホテルや合コン天国、驚きのセックスレス事情まで、フランス女子が見て感じて書き綴った「未知との遭遇」体験記。そんなふたりの結論は「ニッポン女子って、やっぱり素敵!」。

1974年生まれと1977年生まれのフランス人女性2名による日本人論。
こういう本はいつもかなり面白いのに、若い女性のファッションなどへの視点が多いためか今ひとつ乗りきれなかった。
でも最後の方の混浴温泉へ入るあたりは少し面白かった。
d0188185_22172656.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-06-14 22:18 | 読書雑記 | Comments(0)