勝五郎の読書雑記

自転車おばさんが行く ~ ロードレーサーに乗る主婦のつぶやき ~

地谷 凛子 (著, イラスト)
★☆☆☆☆
内容紹介
昨今の自転車ブーム以前からロードレーサーの魅力に取り付かれ、家族の様々な出来事を自転車と共に過ごしてきた主婦の痛快エッセイ。

著者について
上智大学文学部心理学科卒。大学院に進学後、在学中に、自転車狂の通称『ピタパンおじさん』と結婚し、自転車に乗り始める。結婚後、渡米を含む10回に及ぶ引越し、出産・育児に加え、長男の先天性の病気のために、しばらく専業主婦生活を送る。6年ぶりに戻った茨城県水戸市で再就職。現在は、某相談室の相談員として兼業主婦生活を送っている。

出版社がなぜ本にしようと思ったのか分からない。
自転車ブームでひょっとしたら売れるかもしれないと思ったのか。
たった90ページほどで、内容もつまらない。
これで1,260円はとても高い。
d0188185_23545289.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-04-13 23:54 | 読書雑記 | Comments(0)