勝五郎の読書雑記

路地裏温泉に行こう!

小林 キユウ (著)
★★★☆☆
内容(「MARC」データベースより)
安い、早い、ウマい! 路地裏温泉は温泉界の讃岐うどんである! 湯量豊富な温泉街にひっそりと存在する、共同湯、外湯を「路地裏温泉」と勝手に名づけ、のんびりぶらぶら、ゆるゆる~っと、アルバムでご紹介。

温泉町の小さな銭湯の体験記。(ただし「銭湯」といっても無料の温泉もたくさんあった。)
防水デジカメを浴室まで持ち込み、湯船に浸かって目の位置で入浴客を無断で撮影しているのを本にしているところが少し気になったが、テーマが温泉・銭湯なのでワリト楽しく読んだ。
全くの素人文体なので一行一行読むごとに文章に違和感を感じ、さらに職業が「写真家」と書いている割にはピンボケの写真も多いのが気になった。

草津温泉に行ってみたくなった。
d0188185_22232827.jpg
[PR]
by furomikan | 2012-01-05 22:21 | 読書雑記 | Comments(1)
Commented by とんぼ at 2013-09-07 04:26 x
おはようございます。
本当にいろいろな本を読んでおられますね。
小生は本を読む時間がとれないです。というよりもとろうとしていないのかも…