勝五郎の読書雑記

去年はいい年になるだろう

山本 弘 (著)
★★★★☆
内容紹介
米国同時多発テロも、あの大地震も、犠牲者はゼロ!?
2001年9月11日、24世紀から「ガーディアン」と名乗るアンドロイドたちがやってきた。
圧倒的な技術力を備えた彼らは、世界中の軍事基地を瞬く間に制圧し、歴史を変えていく。
しかし彼らの目的は、人類の征服ではなく、「人を不幸から守ること」だった――。
ガーディアンのもたらした情報によって、本来の歴史で起こった自然災害、テロ、戦争、大事故などが防げるようになった一方、
未来の自分からのメッセージに翻弄され、人生が大きく変わってしまう人も多くいた……。
主人公は、45歳のSF作家。10歳年下の妻と5歳の娘とともに幸せに暮らしていたが、
事件翌日、美少女アンドロイド「カイラ211」の訪問を受け、AQ(知り合い)に選ばれたことを知る。
未来の自分からのメッセージと作品データを、カイラから受け取る主人公。それは、彼の人生に大きな波紋を起こしていく。
衝撃と感動の歴史改変小説。

これは面白かった。
エクスキューショナーには笑った。
京都出身の著者だけあり、後半のスペクタクルシーンでは関西の地名がたくさん出てきて嬉しかった。

遠くの地で戦争や病気や飢饉で多くの人が亡くなっている現状があっても、日本に住む我々にとっては目の前の取るに足らない不快の方が問題であるということ。こういう気持ちこそが希望しないながらも我々を戦争に導いていくのだと著者は歯がゆがる。
d0188185_20384029.jpg
[PR]
by furomikan | 2011-10-09 20:40 | 読書雑記 | Comments(0)