勝五郎の読書雑記

さようなら、ドラえもん ~ 子どものためのテツガク教室 ~

中島 義道 (著)
★★★☆☆
内容説明
「誠実」を貫くために自分を強く鍛えよう 強く賢くなければ「正しい」と思うことを貫けない!「闘う哲学者」中島義道氏がカントの道徳論をわかりやすく教えてくれる、強く生きる為のテツガクトレーニング

内容(「BOOK」データベースより)
何のために生きているの?「カトン先生」がカントの道徳論を指南する。のび太のままではいられない!?強く生きるためのテツガクトレーニング。

「なぜ、死んではいけないの?」
「なぜ、ウソをついてはいけないの?」
「なぜ、人に親切にしなければならないの?」
「なぜ、勉強しなければならないの?」
「なんのために、生きているの?」
という5つの章に分けて中学生にカント哲学をわかり易く説明しようとした本であるが、難しくて大体理解できなかった。
d0188185_22383373.jpg
[PR]
by furomikan | 2011-09-26 22:42 | 読書雑記 | Comments(0)