勝五郎の読書雑記

葉村温泉(大阪市北区中崎西)

梅田に出たついでに前から気になっていた北区の葉村温泉を見つけるため中崎町辺りをウロウロする。

中崎商店街あたりで銭湯の雰囲気がプンプンしたので特に注意してキョロキョロしていると商店街を曲がったところに銭湯を見つけたが、目的ではない常盤湯だった。行ったことがないが今回は抹消。

近くの商店のおばあさんに近くにある常盤湯でない別の銭湯を教えてもらうと着いた先はJR天満駅近くのクラブ温泉。
「大阪一天井の高い」お風呂屋さんらしく面白い造りだが、ここは入ったことがあるのでパス。
中崎商店街から離れて都島通の北側を探す。

古い建物の多く路地だらけのこのあたりは「ヤング」の人気徘徊地となっているのか、若い人が多かった。
路地をグルグル回ってやっと葉村温泉を発見。
d0188185_18564813.jpg
室内の浴槽と露天風呂と水風呂のローテーションを気が済むまで繰り返し、アホみたいな顔をして銭湯を出る。

風呂上りにもう一度路地をうろついて、「古い物好きな人どうぞ」という札のある昭和のオモチャを集めた店に入ってみた。
d0188185_19113749.jpg

大阪の人ではないような感じの女性店主に「店の中の写真撮っていいですか?」と聞くと「ええ、どうぞ好きなだけ」と快く応えてくれた。「でもね、断りなしに写真を撮る人には私怒るんです。写真撮る前に一言声掛けてくれたらどうですかって」とも。

小さな店内には私の欲しいものはなかったが、感じのいい店だった。(右上は後藤散風邪薬の三遊亭圓右)
d0188185_19194418.jpg
d0188185_19225732.jpg
[PR]
by furomikan | 2011-08-28 18:57 | 落語 | Comments(0)